【10/23夜時点あと86記事追いかけ更新中!

じっくり考えたこと

じっくり考えたこと

過去も未来もただの幻想。「いま」に集中して3秒先の自分を改善し続けよう。

自分が自分の意志で変えられるのは、せいぜい「3秒先の自分」だけなんだと思ってる。
じっくり考えたこと

(どうでもいいところではとことん)負けるが勝ち

強い人というのは、本番前の舞台裏でちゃんと散々に負けてきているひと。
じっくり考えたこと

アイデアは手元でとどめておかないで、歩かせよう。

たくさん転ぶこともあるだろうけど、遠くまで行けるはずだから。
じっくり考えたこと

メモに手書きするのはやめて極力インターネットに公開していくことにした

もっと人生をインターネットに溶かし込もう。
じっくり考えたこと

書けば成る 書かねば成らぬ 何事も

辞めるかどうか決めるのは自分だし、その自分が辞めると決めるまでは決して失敗ではない
じっくり考えたこと

大一番で必ず勝てるひとは、負けを知り尽くしてるひと

勝ち続けて勝ち続けて……は終わりがないレース。
じっくり考えたこと

ある分野でトップに立ちたかったら、まずは「怒られるまで」やり込もう。話はそれからだ。

「いつまで経っても怒られない」というのは、存在価値を示せてないということです。
じっくり考えたこと

価値観とは流動的なもの。硬直的なものはただの「思い込み」

ずっと同じ窓から同じ景色を見ているだけでは、人生をたのしみきれないんじゃないかな。
じっくり考えたこと

「ひとり時間」も大切な予定。「予定ブロック」を毎週繰り返しでカレンダー登録しよう

他人の時間を生きる必要はない。自分の時間を取り戻そう。
じっくり考えたこと

いつまで待っても「機が熟す」ことはない。今この瞬間から始めよう

機を待って熟したことなんて無い。いつもさんざん待って「そろそろかな」とふとみると、いつもデロデロに腐ってた。
じっくり考えたこと

ブログを軸とした「ひとり経済圏」をつくって育てるのは超おもしろいゲーム

そのプロセスによって自分をどんどん前に進めることができるし、ブログを読んでくれる人にも還元できる。良いことしかない!
じっくり考えたこと

「影で努力する」という美徳は捨てよう。努力はうまくアピールしよう。

「影で努力すれば誰かが見ていてくれる」というのは幻想。場所を変えましょう。
じっくり考えたこと

「自分がそう思った」という直感は正解とか不正解とか関係ない

正解ってわからないと動き出せないのは機会損失。誰もやってないだけなら、自分で動いて正解にすればいいだけ。
じっくり考えたこと

自分が全力投球できるものはせいぜいひとつしかない

自分が身を粉にしなくても世の中は回る。
じっくり考えたこと

自分を変えられるのは自分だけだし、自分を最後まで縛り付けるのもいつも自分

脱「謎の縛り」。ネガティブな感情を抑え込んでガハハと笑えるひとは強い。
じっくり考えたこと

「なにごとにもこだわらない」というこだわりを持て

本来、自分を変えるのは一番簡単にできることなはず。
じっくり考えたこと

継続すればするほどラクになるものにリソースを注ごう

ブログの積み上げ効果はチート。やらない手はない嘘ではない
じっくり考えたこと

「これだけやったから評価されるはず」という考えは、もう捨てよう。

ひとから正当に評価されない、ということでモヤッとしているひとに向けて書いた記事です。
じっくり考えたこと

「のんびり」を大事にしたら「結論を出さずに寝かせておける」ことができるようになった

ちょっとの「のんびり」が人生を豊かにする。
じっくり考えたこと

Polcaは企画者自身を否応なく浮き彫りにする「フィルタ」。

インフラが整うにつれて、お金を集められるひととそうでないひとの差が広がっていく
じっくり考えたこと

質よりも量よりも「生産速度」がいちばん大事

結局のところ勝負を分けるのはスキルでも才能でも何でもなくて、ただの「心がけ」レベルの話。
じっくり考えたこと

自分の「考えたこと」をひたすらブログにアウトプットしている理由

ブログに自分のおもったことを書き残している理由は「自分の中の価値観をアップデートするため」
じっくり考えたこと

これから求められるのは「頭で理解できないことを信じられる強さ」

自分の脳味噌で絞り出した結論に、納得感を持って突き進めるか。そして、ひとよりもはやく最初の一歩を踏み出せるか。
じっくり考えたこと

自分なりの「秘伝のスパイス」を持ってるひと、まじで最強。

突き詰めたら、これら「とんがる」とか「個性」ってこと。
じっくり考えたこと

打席に立つ回数と視点の鋭さは比例する。

凡人にとっての最短経路は、ひたすらに数をこなすことだと思っています。
じっくり考えたこと

自分の好きなようにやるには「強さ」がいる

まずはスキルを伸ばして周りの人に「認めてもらう」ことから。
じっくり考えたこと

自分のストライクゾーンを自分で決めて、それを看板として掲げること。

どこかで方向性を決めなければ、きっと「誰かの道具」のまま終わってしまうから。
じっくり考えたこと

次のステージに向かうために。このごろ試している「背伸び」3つ

すこしだけの「背伸び」を続けていると、いつのまにかそれが「ふつう」になる。
じっくり考えたこと

イケてるマイルールをつくって、それに熱狂できるひとが最強

真にイノベーティブな人は、もうひとがつくったルールなんかではつまんなすぎて遊べないんじゃないかな。
じっくり考えたこと

5ヶ月遅れでもブログを書いている理由は「自分のインフラをつくりたい」から

意識的かつ計画的に自分でそういう場所を育ててきたひとと、そうでないひとの間には、ある種の格差ができてしまうと思っています。