【10/22夜時点あと86記事追いかけ更新中!

家にあるありとあらゆる家電のLEDを遮光シールで封殺したら快眠がやってきた件。

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

以前から、家の中にある無数のLEDがまぶしくて嫌だった

なんだか近頃の家電って、妙に色気づいてるのかなんだか知りませんが、やたらめったらLEDで稼動状態を知らせてきますよね。
充電の様子がどうだとか、通信状態をあらわすピカピカとか、そういうやつ。

そういうのを一所懸命に教えてくれるのはありがたい。
でも、そのLEDがまぶしいなと感じることがたくさんあったんですよねー。

とくに夜に電気を消してもピカピカしているLEDがあると、ぜんぜんリラックスできない。

で、ふと考えてみると、別にLEDが光ってなくて困ったこともない。
その一方で、毎日「まぶしいな〜どうにかならんかな」と思っている。

てなわけで、片っ端から遮光してしまうことにしました。

まずはMacBook ProのMagSafeのLEDを封殺してみた

170812_turn_off_the_all_led_light_01.jpg

手始めに、いま使っているMacBook Proの本体側の電源ケーブルについてるLEDを封殺してみることにしました。
このLED、いつも燦然と輝いていて気になっていたので。

で、マスキングテープとか紙テープとか、いろんなテープ的なもので実験してみたんですが、一番遮光効果があったのが黒のビニールテープでした。

使ってみるまで知らなかったんですが、黒のビニールテープってこれでもかってくらい光を遮断します。超光ってても何も抜けてこない。まじでブラックホール。

ビニールテープのメリット

一番のメリットは安いことですね。手に入りやすいのも良い。

  • 安い
  • どこでも手に入る
  • 切り取ったり貼り合わせたりで自分の好きな形状、サイズにできる

ビニールテープのデメリット

とはいいつつも、地味にけっこうデメリットもあります。

  • 見た目がDIYの極みっぽくなる
  • テープを剥がしたあとにやたらネトネトする

イケてる「遮光シール」なるものがある

で、ビニールテープは能力的には合格だけどもうちょっといいものないかな〜と思ってAmazonで検索したらあっさりそういう製品がみつかりました。

しかもめちゃ安いしサイズ豊富。
家族がDIYに理解があればビニールテープでゴリ押ししてもいいと思いますが、ふつうはこっちが無難かな〜と思います。

LEDが見えなくなっても実際に不便を感じることなんて皆無

実際にやってみてわかったことは「 LEDが見えなくなっても実際に不便を感じることなんて皆無」ってこと。

はじめは「不具合が起こった時にLEDが見えないとすぐに状況がわからないから不便かも」みたいなことを考えていましたが、完全にそれは思い込みでした。

もしなんだか調子が悪くなったら、そのときに遮光シールを外して様子を見れば良いだけの話。

もしLEDを遮光して消していて、それでなにか困る瞬間が未来にあるにしても、どうせ困るのはその瞬間だけ。
いっとき困るくらいでLEDなし生活が得られるなら、未来の不便を許容することにしました。

いつ訪れるかわからない(しかもそんなに困らない)一瞬のために、ふだんの生活を犠牲にするのは、なんだかちょっと違うな〜と思うので。

試すだけならノーリスクなので、光が気になるひとは試すが吉

LEDの光がちょっとでも気になるなら、まずは遮光シール買って遮光してみたら良いと思います。
家の中のあらゆるLEDを遮光したら視覚的なノイズが激減して、それだけでQOLが上昇します。

試すにあたってリスクゼロ。むしろなぜベストを尽くさないのか?というレベル。

一度遮光してみたら、ぜったいもとには戻れなくなると思います。それくらい快適。

まとめ:LEDの光のない暗闇の夜は快適。もう戻れない。

これで機器表面で光輝く系のLEDはあらかた遮光することができました。
ものすごく快適になって大満足。

夜の闇がものすごく濃密になった感じ。眠りも深くなったと思います。

いったん家中の家電を遮光しまくって快適な夜を経験すると、もう戻れません。
ぜひおためしあれ!

あとは遮光しきれていないのは、夏に買ったE-PRANCEの冷却パッドのLEDくらいかな……。これは手に負えないので諦めてます。
関連記事:巨大ファンで夏のパソコンを徹底的に冷やしてくれる、E-PRANCEの冷却パッドを買いました!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II