【12/15夜時点あと84記事追いかけ更新中!

大砲よりもハンドガン。試行錯誤の回数を増やすために、弾は小さく多く撃つべし

じっくり考えたこと
スポンサーリンク

このごろよく考えているのは「改善」について。

この記事では改善の粒度と頻度と試行回数について、このようなことを書いています。

  • 「粒度の大きな改善」が効果的なのは、つくりこみの初期だけ
  • 完成度が高まるにつれて重要性が高まるのは「粒度の小さな改善」
  • 新陳代謝のためには「改善の粒度」を小さくしてリフレッシュレートを高めること
  • 0.数%の改善を拾いにいったかどうかで「ハナ差」が決まる

大きな改善よりも小さな改善を積み重ねることを意識する

試行錯誤で大事なのは、改善の「粒度」の大きさではなく「頻度の高さ」。

なぜ頻度が大事かというと、それによって「試行回数」をだれよりも多く取ることができるから。

とにかく「粒度」を小さくして、「試行回数」を増やすこと。

一回きりの大きなアップデートの場合、うまく行けば効果は大きいかもしれない。

でもそれじゃ、どうしたって新陳代謝はすすまない。

一方、小さな改善に着目して無数の試行錯誤を重ねることで「アップデートの回数」を大きくすることができる。

完成度を100%まで持っていくための最短経路は、改善の「リフレッシュレート」を高めることがベスト。

改善が100%に近づくほど、小さな改善が重要度を増してくる

そもそも完成度が100%に近づくと、大きな改善ポイント自体がみつかりにくくなります。

特にすでに80%以上改善が済んでいる場合などは、そこからの劇的な改善というのはないわけで。

そこで大きな改善点ばかり探していると「もう改善するところが見つからない!」となってしまう。

大体、何の業界でもトップ集団の戦略は自然と収束してきて、似た者同士になるのが常。

そういうときに勝負を分けるのは、相手がまだ見つけられていない「0.数%の小さな改善」をめんどうくさがらずにできるかどうか。

ここをバカにせずに、コツコツと「完成度の隙間」を埋めていけるかが大事。

最後にハナ差で一歩前に出られるかどうかは、これで決まる。

まとめ:天は自ら助くる者を助く

180504 improve refresh rate 01

完成度が100%に近づいてあまりに小さな粒度の改善点しか残っていないとき、目の前の「残滓」をかき集めることに「こんなのやっても意味ないだろうな」と思ってしまいがち。

でも、満足したらそこで何もかも止まる。

特にブログやデジタルの世界では、「最適解」はその瞬間ごとに変わっていく。

それはいわば、気が遠くなるような「収束することのない合わせ込み」であって。

だけど、だからこそ、それに打ちのめされずにきっちり食らいついていけるか。

歩みを止めずに続けることが何より大事なので、小さな改善を積み上げていきたいところです。

関連記事:自分だけの「勝ちパターン」は膨大な試行錯誤からしか生まれない

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II