【3/25夜時点あと76記事毎日更新で追いかけ中!

「ここではないどこかへ」から「どこでもないここから」への転換。

じっくり考えたこと
スポンサーリンク

このごろ、旅に関する感じ方が前と変わってきた実感があります。

ざっくり言うと、こんな感じ。

  • ちょっと前までは旅といえば「ふだん味わえない刺激を求めるもの」
  • いまでは「いまある日常を遠くから見つめ返すためのもの」

難しいけど、なんとか言語化して記事にしておきたいと思います。

旅から帰ってきて「日常のねじを巻きなおす」時間が好き

最近ふと強く思ったことをつぶやいたのが上のツイート。

  • 玄関に入って鍵を内側からかけたときの安心感
  • すっかり乾いて他人顔したシンク
  • しばらく動いてなくてちょっと硬くなったような部屋の空気
  • たまった洗濯物を洗う洗濯機の遠く低く響く音
  • 撮った大量の写真をパソコンに読み込んでいるときの待ち時間
  • 持ち出したものをあるべきところに収納して戻すときのしっくり感

そういうものにじんわりとした良さを感じるとき、ふと「きっといまあるものの良さを思い知るために旅をしているんだ」とも思うわけです。

“Nowhere” から “Now Here” へ。

きっと「ここではないどこかへ」だけが旅のたのしみ方じゃない。

なんとなくだけど、きっと、旅の極意は「どこでもないここから」にある。

外の世界に意味を求めていくんじゃなくて、いま手の中にあるものをちゃんと見つめること。

目を凝らしても見つからない “Nowhere” という言葉が、捉え方次第で “Now Here” になるように。

田辺誠一さんの「ライフ・イズ・ジャーニー」を観て改めて、そういう想いを強く感じたわけです。

やっぱり最高だ、この映画。

感想やお問い合わせはこちらから

Peing(質問箱)も導入してみました。こちらもお気軽にどうぞ!

質問箱はこちら:ダーマス@yawnの質問箱です | Peing -質問箱-

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II
タイトルとURLをコピーしました