【1/18昼時点あと69記事追いかけで毎日更新中!

【随時更新】おすすめ本・マンガまとめ

これまで本を読んでもちゃんと読書記録やメモを残しておけるところがなくって困っていました。

が、ある日「そうだブログにメモればいいじゃんか」と思いつき、こうしたページをつくることにしました。

ジャンル分けの中で「おもしろかった」「読んでよかった」「刺激的だった」とおもったものの順番で並んでいます。

本を読めば読むほど、自分の価値観はアップデートされていきます。

読みたい本が多すぎて人生が足りない。

関連記事:読んだ本の書評

本の予約には、送料無料&最短翌日のAmazonプライムがおすすめです。学生の方は6ヶ月無料で試せるPrime Studentを。雑誌なども充実のKindle Unlimitedもどうぞ。
  1. 生き方、考え方
    1. エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)
    2. マンガで食えない人の壁(トキワ荘プロジェクト)
    3. 諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉(為末大)
    4. 孤独の価値(森博嗣)
    5. 自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方
    6. 寂しい生活(稲垣えみ子)
    7. だし生活、はじめました。(梅津由紀子)
    8. Bライフ10万円で家を建てて生活する(高村友也)
    9. 嫌われる勇気(岸見一郎/古賀史健)
    10. 自由をつくる自在に生きる(森博嗣)
    11. モバイルボヘミアン(本田直之、四角大輔)
    12. 何を捨て何を残すかで人生は決まる (本田直之)
    13. 圏外編集者(都築響一)
    14. ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方(伊藤洋志)
    15. 覆す力(森内俊之)
    16. TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと(本田直之)
    17. 「ない仕事」の作り方(みうらじゅん)
    18. マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法(ちきりん)
    19. 自分のアタマで考えよう(ちきりん)
    20. 週末は田舎暮らし—ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記(馬場未織)
    21. 自分探しと楽しさについて(森博嗣)
    22. 社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!(ちきりん)
    23. 35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画(藤原和博)
    24. 「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(池田千恵)
  2. アウトドア・キャンプ・DIY
    1. スノーキャンプ・マニュアル(ボーイスカウト日本連盟)
    2. 一人を楽しむソロキャンプのすすめ(堀田貴之)
    3. バックパッキングのすすめ(堀田貴之)
    4. 遊歩大全(コリン・フレッチャー)
    5. ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル(川口拓)
    6. 350万円で自分の家をつくる(畠山サトル)
    7. 自作キャンプアイテム教本(長谷部雅一)
  3. 健康
    1. 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(津川友介)
    2. 筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方(Testosterone)
  4. お金、資産運用
    1. 私の財産告白(本多静六)
    2. フリーランスのための一生仕事に困らない本(井ノ上陽一)
  5. 情報技術、テクノロジー
    1. 仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない(野口悠紀雄)
    2. ブロックチェーンの衝撃(ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員会)
    3. はじめよう!アマチュア無線―免許取得から「ハロー!CQ」までを完全ガイド(QCQ企画 情報通信振興会)
  6. 生活、エッセイ
    1. ぼくたちに、もうモノは必要ない。(佐々木典士)
    2. 最低で最高の本屋(松浦弥太郎)
    3. 作家の収支(森博嗣)
    4. 帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。(高山なおみ)
    5. 小説家という職業(森博嗣)
    6. 工作少年の日々(森博嗣)
    7. ごはんのことばかり100話とちょっと(よしもとばなな)
  7. 小説
    1. 深夜特急(沢木耕太郎)
    2. 神々の山嶺(夢枕獏)
    3. 羆嵐(吉村昭)
    4. 虐殺器官(伊藤計劃)
  8. 方法論
    1. 知的生産の技術(梅棹忠夫)
  9. 漫画
    1. ハルロック(西餅)
    2. 失踪日記(吾妻ひでお)
    3. インベスターZ(三田紀房)
    4. 魔王(大須賀めぐみ)
    5. 山賊ダイアリー(岡本健太郎)
    6. 山と食欲と私(信濃川日出雄)
    7. 孤高の人(坂本眞一)
    8. 食の軍師(泉昌之)
    9. バクマン。(小畑健/大場つぐみ)
    10. 岳(石塚真一)
    11. 弱虫ペダル(渡辺航)

生き方、考え方

エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)

「より少なく、しかしより良く」をキーワードに、本当に大切なこと(=エッセンシャルなこと)のみに注力する大切さを説いた一冊。

  • 努力の量と成果は比例しない
  • ほとんどあらゆるものは徹底的に無価値
  • 重要な少数は瑣末な多数に勝る
  • 悪くない選択肢はすべて拒否する
  • 絶対にイエスと言えないなら、それはすなわちノーである

何が一番大事なのか「本質」を考え抜いて、これというものを決めたらもうそれ以外はやらない。徹底的に削除し、徹底的に凝縮する。

圧倒的な結果がほしいなら、この本を手にとるべき。

マンガで食えない人の壁(トキワ荘プロジェクト)

13人のプロ漫画家が自身のキャリアを振り返って「どういう人が食えるようになるのか」ということを語った本。

  • 結果が出せるひとは試行錯誤しながら成功するまで続けられるひと
  • 自分の変態の部分で描け、そこで勝負しろ
  • 枚数をたくさん描けるのが、一番の武器
  • 一度大賞を獲るより佳作や準入選を何度もとれる方がプロ向き
  • 才能と努力と運のうち運の割合が一番大きいが、運は自力で高められる
  • 成功するのは職人タイプではなく商人タイプ
  • 一年あったら大作をひとつ描くよりボツを10本描いたほうが伸びる
  • とにかく描く。それしかない

まだまだありますが、挙げきれない。もう果てしないくらい良いです。目から鱗が落ちまくり。

漫画に限らずあらゆることに応用できる金言の嵐。

関連記事:書けば成る 書かねば成らぬ 何事も

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉(為末大)

小さい頃から言われてきた「諦めなければ夢は叶う」という言葉。そんなわけないってことくらい、子供だってみんなわかってる。

でもそれをおかしい指摘することは、なんだかタブーに触れるようで、誰も何も言えなかった。そこに気持ちよく切り込んだ一冊。

誰もがベスト以上のものを出し尽くすような高いレベルで生き残っていくには、自分の適性を最大限伸ばせるところを探して勝負するしかない。

そのためにこれまで打ち込んできたことを捨てるのは、逃げでもなんでもない。

関連記事:自分を変えられるのは自分だけだし、自分を最後まで縛り付けるのもいつも自分

孤独の価値(森博嗣)