9月からブログ更新再開してます!
追いかけ記事数197本→残り204本(10/16朝時点)
最新記事はこちら

毎日食べる玄米の保存にはアスベルの米びつが使いやすい

買ってよかったモノ
スポンサーリンク

そういえば今年の初めごろに玄米食に切り替えたという記事を書きました。

関連記事:毎日食べるお米を東洋ライスの「金芽ロウカット玄米」にアップデートした

その時に一緒に買いかえた米びつがなかなかいい感じなので記事を書いておこうと思います。



Amazonを利用するなら、送料無料&最短翌日のAmazonプライムがおすすめです。学生の方は6ヶ月無料で試せるPrime Studentをどうぞ。

アスベルの密閉米びつが使いやすい

190317 komebitsu 02

今使ってる米びつはアスベル 密閉米びつ2kg ホワイト 7509というやつ。

本体は透明のプラスチックケースで、フタは計量カップになっています。

特別に高級感溢れる感じではないけど、必要な機能は全部一通り揃っている米びつという感じ。

190317 komebitsu 01

計量カップには普通のお米と無洗米のそれぞれで線が引いてあるのでどっちのお米でも使えます。

使う時はこのカップにお米をざっと注いで、計量した分を炊飯器に入れるだけ。

190317 komebitsu 03

ぱっと見はただのプラスチックケースなんだけど謎のテクノロジーで静電気でお米がひっつかないようになっています。

これがなにげにめちゃくちゃ良くて最後の一粒までスムーズにお米を取り出すことができるところがうれしいです。

まとめ:玄米が生活の主食。

ちなみに我が家のお米は金芽ロウカット玄米(無洗米)と言う玄米をメインに据えています。

いろんな玄米を試してみたけど、値段や味などのバランスを見て今のところこれがベストかなーという感じがしています。

味も白米と同じ位おいしいし、無洗米だから炊くのも簡単だし、食べた後に血糖値が上がりにくいからか頭もぼーっとしにくいです。

たかが米びつだけど使いやすいものにすると毎日の生活が一気に快適になるので、見直すのは地味におすすめです。

関連記事:毎日食べるお米を東洋ライスの「金芽ロウカット玄米」にアップデートした

関連記事:象印の炊飯器を買って8年ぶりに米食生活を再開したの巻。

関連記事:【書評】世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事(津川友介著) | 健康は毎日の食事から。

created by Rinker
アスベル
¥489 (2019/10/23 06:01:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
東洋ライス
¥2,698 (2019/10/23 06:24:57時点 Amazon調べ-詳細)

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II  【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました