SENSE

否定を足がかりにせず、ストレートに愛を語れ

こないだこんな記事を書きました。
関連記事:他人の意見に振り回されないために、自分の中に透明なレンズを持つ | yawn

この記事は、その続編のような位置づけ。

自分の良いと思うことについて語るとき、ストレートにそれについて語ったほうがかっこいいよね、という話です。

何かについて語る時、別の何かを否定すると途端に薄っぺらくなる

否定などの強い言葉を使った意見って、インパクトがあるからか短期的には刺さるし、拡散されやすい。
だから、あえてテクニックとしてそういう主張の仕方をしているひとがいるのもわかってる。

だけど長期的な視座に立った時に本当にプラスになるかというと、ぼくはうーんという感じ。

結局、自分が好きな何かについて語る時に他のものを貶めることは、回り回って自分が良いって思っているものを汚すことにつながると思う。

あと、否定を立脚点にすると「Aがだめだと思うからBを選んでいる」というような主張にきこえてくる。
それってまるで、「私は消去法でこれを選びました」って言っているみたいじゃないかな。

内容はいいこと言っていても、それってすごくもったいない。

否定は自分の可能性をガンガン狭めるし、主張は薄っぺらくなるし、一切メリットがないと思っています。

もともと、いろんな主張はあって当たり前。
そこでいがみ合う必要なんてなくて「あなたもOKだし、わたしもOK」でいいじゃん。

多様性というのはそういうことだと思うし、そんなことで争わなくて良い社会が「豊かな社会」ということ。

「正解」なんて学校のテストだけの幻想で、世の中にはそんなものないんじゃないかな。

まとめ

少なくとも自分のスタンスを決める時、そういうスタイルの主張を鵜呑みにしないこと。

ありもしない対立軸をつくりだしてそれを元に論を展開するのは、やっぱりちょっとかっこわるい。
そういう主張に出くわした時、裏にあるマッチポンプを見抜く力は忘れないようにしたい。

否定の言葉って、自分にかける呪いの言葉と同じで。
関連記事:「変わっていくこと」を受け入れるだけで物事は好転していく | yawn

ほんとうに自分の価値観を信じているなら、まっすぐにストレートに愛を語ったほうがかっこいいと思っています。
それが自分が良いと思うものに対しての、一番誠実な向き合い方なんじゃないかな。

インターネットはもっとラブアンドピースなところだと思っています。


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. ブログは自分の「武器」を可視化するツール
  2. ちょっと難しいことをやりきるとき、ロープをたぐってのぼるイメージ…
  3. 簡単なことを難しく話すことは簡単で、難しいことを簡単に話すことは…
  4. 適切なお金の使い方を探るために、積極的にお金を使っていくことにす…
  5. 先月は何に時間を使っていたか、Togglで行動記録を確認して気づ…
  6. ブログはインターネット全体が相手だからこそ、圧倒的にフェア
  7. 忙しい一日の時間割を作り変えない限り未来の時間的余裕はない
  8. 「わかったふり」は百害あって一利なし

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP