RESTAURANT

Pae Krung Kao(パエ・クルン・カオ) ― アユタヤで川エビといえばこのお店!ゆっくりとした時間の中で、美味しい料理を堪能した![2015年9月タイ旅行記-15]

タイ旅行4日目、アユタヤ観光にきた我々。

前回の記事はこちら:タイ旅行4日目はアユタヤ遺跡へ!静かな雰囲気の中、青空と赤レンガのコントラストが印象的だった![2015年9月タイ旅行記-14] | yawn

アユタヤ遺跡を観光して、時刻はお昼をちょっと過ぎて15時頃。お腹がすいたのでアユタヤあたりで飲食店をサーチします。
するとなかなか評判が良さそうだったのが、こちらのお店Pae Krung Kao(パエ・クルン・カオ)。

さっそく突撃してきましたよ。

Pae Krung Kao(パエ・クルン・カオ) ― アユタヤで川エビといえばこのお店!ゆっくりとした時間の中で、おいしい料理を堪能した![2015年9月タイ旅行記-15]

お店の店構えはこんな感じ。

かなりこの辺りでは有名な店のようで、食べ終わってお店を出るタイミングでは観光バスが寄ってきたりもしていました。

パエ・クルン・カオ (アユタヤ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

まず道路沿いに門があるので、そこをくぐってお店の中の通路に入っていきます。

川沿いのテラス席に出るまで店内の細い通路を通っていきます。
途中に小さな池があって、そこに鯉がいたのがなんだか風流で意外。
どちらかというとこれまでのタイ観光ではこういう繊細な和のセンスに触れることがなかったので、かなり癒やされました。

メニューはオススメの川エビ料理を中心に、タイ料理がかなりの数あります。

このお店のオススメは川エビ。
メニューはタイ語のほか、英語も併記されているのでどういう料理なのかがわかりやすいです。
写真が付いているのも観光客目線ではかなり助かります。

エビや魚などでジャンル分けされているので探しやすいところもいいですな。
今回は、二人での来店なので、海老のすり身を揚げたFried Prawn Ballとトムヤムクンをオーダー。

席はテラス席のほか、店内の方にもあるみたいです。
テラス席は河の上に張り出すようにできており、風が抜けて気持ちよかったー。

ときおり現地の人のボートが超高速&爆音で駆け抜けていきます。
しかしそれが通り過ぎると、再び静かな川辺の午後の雰囲気が満ちてきます。
遠くから近づいてくる音がして、近くを大きな音で通過していって、だんだん音が遠のいて、聞こえなくなっていく。

通る船は超スピードの小型ボートもあれば、100メートル以上つなげた貨物を曳きながらゆっくり進んでいく船など、さまざま。
なかには一家で船上に住んでいるのか、赤ちゃんを抱いたお母さんやペットと思われる犬が乗っているちょっと大きめのボートなども通るので、みていてなかなかおもしろかったです。

お客さんは観光客がほとんどのようです。
店内全体は見渡せなかったですが、かなりの数の客席がありそう。

ドリンクはソーダを注文。
店員さんが栓をあけた時にテーブル上にソーダが豪快に吹きこぼれましたが、これもご愛嬌。
タイはこういうの全然アリな感じがとってもよかった。なんにでも寛容で堅苦しくない空気が最高。

ソーダはシンハーのものでした。やっぱりビール以外にもいろいろつくっているんだなー。
他にはどんなものを作っているんだろう?

この日はちょうどいい時間に入れたようで、なかなか静かでよかった。

さっそく料理が運ばれてきました。どれもかなりおいしかった!

料理に先立って取り分け用のお皿が運ばれてきました。なかなかかわいいデザイン。

まずはエビのすり身を揚げたものがきました。ソースが付いているのでこれにつけて食べます。

さっそく食べてみるとエビはホックホク、衣はサックサク。
油で揚げてあるけどかなり軽めでいくらでも食べられそう。お酒にもマッチしそうです。

ソースはどんな味がするかとおもいきや、かなり甘い。ハチミツみたいな甘さ。
よく甘辛いチリソースを揚げ物につけて食べることはあるけれど、ここまで辛さなしで甘々なソースは初めてだなー。
食べてみるまでどうなるのか予想できませんでしたが、これはこれでアリ。
このソースをつけるとちょっとしたおやつみたいな感じに生まれ変わって面白い。

続いてトムヤンクン。
さすがにカップヌードルのトムヤンクンとは違ってスパイスの味の複雑さが段違い。

具はマッシュルームや川エビなど。

エビは半分にかち割られたものがそのまま放り込まれていて、なかなかワイルドな見た目でした。

スパイスは馴染みのないもののオンパレード。
上の写真の黄色っぽいネギの芯みたいなやつは、食べられるかな?と思ったけどめっちゃ硬かった。
でもなんだか食べられそうなのでガシガシ噛んで食べちゃいました。

あとは椿の葉っぱみたいな見た目の、肉厚でテカリがある葉っぱも入っていました。
これもあんまり食べるっぽい感じじゃなかったけど、好奇心から食べました。

もしかしたらこれらは風味付けで入っているだけで食べなくてもいいのかもしれないけど、なにごともチャレンジです。

まとめ

テラス席は静かな河のほとりだったので、すごくスローな気分になることができました。
料理もおいしかったし大満足。

ぼくらは二品しか頼んでいないけど、もともとこのあと別のところでタイ料理を食べるつもりだったので、今回はちょっと少なめに頼みました。
普通に食べたい場合は、もう一品か二品くらい足すとかなり満足できると思います。

アユタヤ遺跡からすぐなので、もしお近くにお立ち寄りの際はぜひ!おすすめです。

次の記事はこちら:タイ最後の夜はカオサン通りで!詳細不明の屋台のパッタイ、かなりおいしかったな〜。[2015年9月タイ旅行記-16] | yawn

タイ旅行の記事一覧はこちら:2015年9月タイ・バンコク旅行 まとめ | yawn

Pae Krung Kao

関連ランキング:タイ料理 | アユタヤ


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. バンコクのスーパーでお惣菜を購入して食べてみた。なかなか…
  2. ビールレストラン武尊(ほたか) ― 道の駅「川場田園プラザ」内で…
  3. すごい煮干ラーメン凪 西新宿7丁目店 ― 超濃厚!煮干しラーメン…
  4. 北海道4日目!最終日は道の駅「サンフラワー北竜」からオロロンライ…
  5. カリフォルニアは景色がはっきりしている気がする
  6. タイ・バンコクのドンムアン空港からBTS最寄りモーチット駅ま…
  7. そば処 田中屋 ― 出雲大社正面すぐ横にある絶品そば屋さん。割子…
  8. まんじゅう屋 笛木 ― 水上のお土産は笛木製菓の生どら焼がおすす…

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP