【3/25夜時点あと76記事毎日更新で追いかけ中!

長野「すき亭 本店」の信州牛のすき焼きは絶品!特別な日のお食事にぜひ。

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

2018年12月、長野1日目の夜。

前回の記事はこちら:長野駅近くのレトロな喫茶店「三本コーヒーショップ」。千石劇場で映画を観たあとにも!

三本コーヒーショップを出て、この旅行の目的でもあった用事をこなした後は、場所を変えてお食事タイム。

この日は長野県在住のお友達にオススメのお店に連れて行ってもらうことにしました。

お店の名前は「すき亭 本店」というすき焼きのお店。

この記事で使用しているカメラ&レンズは SONYのミラーレスカメラ「α7II」 + SONY SEL50F18F(50ミリ F1.8) です!

「すき亭 本店」は長野県庁近くの信州牛専門店。

181217 nagano 2018 december 16

用事を終えて駐車場の車のところに戻ると、車の上にはこのように雪がうっすら。

そういえば長野と言えば雪深いイメージだけど、12月初旬のこの日は地面にはまだ雪が積もっていませんでした。

戸隠とかの方はもう降ってるのかな。

181217 nagano 2018 december 17

長野駅近くから友達の車に揺られて数分、たどりついたのがこちらの「すき亭」。

夜なので写真にはうまく撮れていないけれど、建物がめちゃくちゃ風格のある店構えでかっこよかった……!

ちなみにGoogle マップで「すき亭」を検索すると長野駅近くの場所がヒットするけど、この日訪れた「すき亭 本店」のは長野県庁近くのお店です。

信州牛のすき焼きで豪遊!

181217 nagano 2018 december 21

席はお店の一番奥にあるお座敷に通してもらいました。

普段触れる機会は減ってしまったけど、やっぱり畳は落ち着いていいなぁ。

この日は座敷席でしたが、店内には椅子席もあるので膝が悪くても大丈夫です。

181217 nagano 2018 december 18

こちらがすき焼きのお鍋。

何の素材で出来てるんだろう、とにかくメタリックで質実剛健でソリッド。

めっちゃかっこいいな。

181217 nagano 2018 december 19

こちらはお通し的な小鉢。

テーブルの上では控えめな存在だけど、しっかり滋味深い。

181217 nagano 2018 december 20

すき焼きに使う生卵は見るからに上等なやつ。

途中で卵のおかわりも可能。

181217 nagano 2018 december 22

メニューは表紙が木でかっちょいい。

この日は友達が全てを予約でオーダーしてくれていたので、メニューはほとんど見ていません。

りんごで育った信州牛の美しさよ……!

181217 nagano 2018 december 23

さっそく運ばれてきたすき焼き肉がこちら。

見よ、この圧倒的な美しさを……!

お肉は松竹梅でランクが分かれているようですが、これは「せっかくなら最高のものを!」ということで奮発した「松」!

ちなみにコース料理にもできますが、この日はアラカルト的に好きなタイミングで好きなだけ肉を追加するスタイルで乗り込みました。

181217 nagano 2018 december 24

お野菜もしっかりとあります。

白菜パッキリ、えのきシャキシャキ。

焼き豆腐には店名の焼印が入ってて、そういうところも良いね。

181217 nagano 2018 december 25

改めて、肉。

このお店の牛肉はりんごで育ったブランド牛「信州牛」です。

見ての通りお皿が大きいので、1枚あたりの肉の大きさはかなりのもの。

それでいて一枚一枚がしっかり厚みがあるので迫力があります。

181217 nagano 2018 december 26

この日は豪遊すると決めていたので「ランクごとのお肉の違いを食べ比べたい」という贅沢な理由で竹のお肉も注文済み。

竹のお肉は松よりも赤身っぽくて、こちらもものすごい存在感。

181217 nagano 2018 december 27

ひとまず、この日の2人分のスターティングメンバーがこちらになります。

すき焼きでこんなにいい肉をこんなにたくさん食べることなんて、これまでの人生で初めて。

このとき「あ、おれこの瞬間のために働いていたんだ」と思いました。

最初は女将さんのチュートリアル付き。

181217 nagano 2018 december 28

さっそく、卓上コンロに火を入れてお肉を焼いていきます。

まずは最上級の松ランクのお肉から。

181217 nagano 2018 december 29

絶対に失敗したくないお肉なのでなかなか初動が難しいですが、すき亭では着物を着た女将さんがチュートリアル的にはじめのお肉と野菜を焼いてくれるので安心。

ひな鳥のように口を開けて待ってるだけでOKなので初心者も安心。

181217 nagano 2018 december 30

割り下が入ってお肉も焼けてきました。何もかもが完璧な瞬間。

ふつふつと割り下が湧き上がる鍋から漂ってくる香りが最高です。

181217 nagano 2018 december 31

焼き上がったお肉を溶いた卵につけていただきます。

あらかじめ注文しておいた白米とあわせて口に入れると、このお店の外に広がる俗世の何もかもがどうでもよくなり、「もうずっとここにいたい、この絶頂が永遠に続いてほしい……!」となります。

181217 nagano 2018 december 32

ひと口目に極上のお肉を食べた後は、女将さんが野菜も追加で焼いてくれます。

肉を焼くごとにその旨味が割り下に溶け出すことで、加速度的に旨味が高まっていくというエコシステム。

この瞬間、この鍋の内側の空間は人智を超えてる。

まとめ:とっておきの日に、ぜひ!

181217 nagano 2018 december 33

この日はこの記事に書いている以外にも肉を追加するなどしたので、結局お会計はひとりあたり13,000円となりました。豪遊っ……!

が、猛省はしない。むしろあの夢見心地を考えたら安いのでは?

ふだんは慎ましく暮らしてるのですが、たまにはこうした特別感のある食事もいいものですね。

ちなみに「すき亭」では、すき焼きの他にステーキやしゃぶしゃぶもあるようなので、またなにかハッピーなことがあったら、ここで美味しいお肉でお祝いしたいです。

超オススメです!

次の記事はこちら:長野駅近くのホテルは「ドーミーイン 善光の湯」がおすすめ。大浴場付きでリーズナブル!

関連ランキング:すき焼き | 権堂駅市役所前駅長野駅(長野電鉄)

感想やお問い合わせはこちらから

Peing(質問箱)も導入してみました。こちらもお気軽にどうぞ!

質問箱はこちら:ダーマス@yawnの質問箱です | Peing -質問箱-

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II
タイトルとURLをコピーしました