LIFE

自宅でのむ緑茶は煎茶と茎茶のブレンドに落ち着いてきています

去年の4月に「日本茶ブームがここ一年くらい継続中」と書いていますが、現在も絶賛継続中。
関連記事:Everyday、日本茶 | darmus.net

あれから一年経って緑茶の淹れ方が少し変化していることに気が付きました。
そんなわけで、2016年3月時点での状況を報告します。

自宅でのむ緑茶は煎茶と茎茶のブレンドに落ち着いてきています

去年は買ってきたお茶っ葉をそのまま淹れて飲んでいたんだけど、今年はひと味違います。

現在は試行錯誤を経て、茎茶と煎茶をブレンドして飲んでいます。

こちらが茎茶。

棒茶とも呼ばれますが、特に高級なお茶からとれる茎茶は「雁が音(かりがね)」とか「白折(しらおれ)」とよばれるそうです。
いちいち風流な感じでかっこよす。

ほうじ茶はこの茎茶を焙煎したりして作るんですってね。

煎茶(後述)に比べて、こちらはあっさりとしたお茶が出ます。
価格も煎茶よりも抑えめ。

しかし旨味成分のテアニンをはじめ、葉に比べて茎のほうがよく出る成分もあるとのこと。
あなどりがたし!

棒茶を常飲する石川県と茶の知識が比較的浸透している茶葉生産地周辺以外では入手すら困難な、日本茶としてかなりマイナーな存在である。
需要と供給の極端なアンバランスのため価格が安く、そのため「二級品」とされがちであるが、甘味・旨味・香り成分は葉よりもむしろ茎の方が豊富であり、茶の抽出源として優れた面も多い部位である。(Wikipedia)

こちらが煎茶。

こちらはいわゆる「お茶の味」がどっしり出て、香りもいいです。
湯呑みに注いだお茶の色味は、茎茶だけのお茶と比べるとかなり濃いグリーンになります。

煎茶はおいしいんだけど、これだけだとあまりに味がどっしりと出るからか、なんか飲み過ぎると疲れるような。
いや、贅沢なこと言ってるなとは思いますが……。

ブレンドすることで自分好みのお茶を作り出せる!

そんなわけで、現在のところはブレンド作戦を採用しています。
これだとお茶の出方をうまいことコントロールできて、自分好みの味わいにできていい感じ。

我が家ではほとんど水代わりになるレベルで毎日緑茶を飲んでいます。
コスト的にもかさみがちな煎茶にちょっと安めな茎茶をブレンドすることで、全体のお茶コストもいい感じに落ち着きます。

これなら毎日飲めるね!

そういえば紫蘇入れるとか言ってやってなかった

ところで去年の記事をみたらこんなことを書いておりました。

紅茶にミントやスパイスが合うなら、日本茶には紫蘇とか入ってておかしくないよね。 いや、むしろ、入ってたら、すっごくうまいような気がしてならない。

すっかり忘れておりましたが、コレ、今考えてもなかなかおもしろいこと言ってるじゃないですか。

なんだか最近すっかり忘れていたチャレンジャー精神が揺さぶられるのを感じます。
さっそく後日試してみようと思います!


このブログと、書いているひとについてはこちらへどうぞ。

紹介したスポットを記事リンク付きでまとめたGoogleマイマップはこちらです。

これまでの旅行記のまとめ記事はこちらから。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。



関連記事

  1. 生活のうまく回っていないところを見直そうプロジェクト
  2. 体験を通して得た知識にはプリミティブな面白さと喜びがあるという話…
  3. feedlyで購読しているサイトのカテゴリを変更する方法
  4. Last.fmとEvernoteのIFTTT(イフト)連携がう…
  5. 先週のまとめ2015#32
  6. 南房総のびわを大量に手に入れました!
  7. もう一息で無酸素ラッシュ期間も終了!週末は予定をブロックしてた…
  8. 秋葉原MOGRAでiPhoneだけでDJしてきたよ。最高の瞬間の…

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap

twitterはこちら

PAGE TOP