【10/20昼時点あと86記事追いかけ更新中!

これでいい、いや、これがいい。浜松「布橋みやひろ」のしょうゆラーメンは毎日食べたい味。

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

浜松旅行1日目。

さわやかでランチで「げんこつハンバーグ」を食べた我々。

前回の記事はこちら:静岡のご当地グルメ筆頭。「さわやか」で念願のげんこつハンバーグデビューの巻。

けっこうおなかいっぱいでしたが、近くにオススメのおいしいラーメン屋さんがあるという情報を入手。

というわけで、そのままなだれ込むことにしました。

いつの間にかいつも通りの食べ歩きの旅になっていますね……!

浜松市内を歩いて散策。

180409 hamamatsu tournez la page 01

さわやかでご飯を食べたあとは近くを散歩しながらラーメン屋さんに向かいます。

オーガニックなカフェがあったりして気になる。

近くには大きな合戦場跡である三方原古戦場などもありました。

「布橋みやひろ」でしょうゆラーメン。

180409 hamamatsu tournez la page 02

散歩しながら向かったのは「布橋みやひろ」。

家の一階部分を店舗にしている、地元密着型のいい感じなお店です。

布橋というのはこのあたりの地名で、浜松駅の方にも店舗があるようです。

180409 hamamatsu tournez la page 03

頼んだのはこちらのしょうゆラーメン。

いや、むしろ「中華そば」と呼んだほうがしっくりくるような、昔ながらのクラシックなスタイル。

しょうゆベースだけどしょっぱさなどとは無縁。まろやかでおいしい。

全体的にシンプルな感じですが、ひとつのどんぶりの中で調和がとれている感じ。

なかなか真似しようと思ってもできないんじゃないかな。

いろんな工夫をこらしたラーメンは日本中にあるけど、これでいい。

いや、これがいい。そういうラーメン。

まとめ:ひとりではたどり着けなかったお店。

みやひろは、今回浜松に詳しい友人と来たことでたどり着けたお店。

ぜったい一人ではみつけられなかったし、みつけてもここまでローカルなお店はなかなか入れなかったはず。

旅はやっぱり一期一会なので、こういうお店に飛び込むチャレンジは続けていきたい。

有名店もいいけれど、こうしたローカルなお店にこそ宝物があると思っているので。

次の記事はこちら:市街地の真ん中に残る半世紀前の廃線跡。浜松・旧奥山線跡の遊歩道を歩く。

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II