【4/24朝時点あと70記事毎日更新で追いかけ中!

まさに「しびれる」旨さ。神田・小川町の「成都政宗担々麺 つじ田」はやみつき間違いなし

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

このごろキャンプとか登山の道具を見るために、よく神保町とかのあたりに足を運んでいます。

で、毎回あの辺りを歩くたびに気になっていたのが「つじ田」の担々麺の店。

ちょうどこの日は朝から担々麺脳になっていたので、お昼時に突撃してみました!

神田小川町にある「成都政宗担々麺つじ田」

180328 tsujita tantanmen 06

お店は御茶ノ水駅から明大前の坂を下って、三省堂の交差点を左に曲がった靖国通り沿い。

ちょうどアウトドアショップが並ぶ一角にあります。

客席はカウンター席で12席。

この日はタイミングが良かったのですぐ入れましたが、いつも見るたびに列ができているので、混雑するタイミングを外すと良いかも。

180328 tsujita tantanmen 05

お店はちょっと高級感がある感じ。

そしてこのエンブレム的なもののライティングの感じが凄く良い。

超からい!しびれる!けどやめられない!

180328 tsujita tantanmen 01

オーダーしてしばらく待っていると担々麺が登場。

なにこの気高さ……美しい!

ピリッと辛いんだけど、それと同時に飛び込んでくる山椒の香りがたまらない。

急いで麺をすするとむせる!だがそれがいい!

食べ続けていると山椒と唐辛子で口の周りがピリピリしてきます。

こころなしか口の周りの感覚も鈍ってくるような……しかし止めてくれるな。

180328 tsujita tantanmen 04

こちらはサイドメニューの麻婆丼。

サイズは小さめだけど、パンチはメガトン級。

見た目通りの期待を裏切らない辛さ。そしてそれをきっちり上回ってくる旨さ。

味の調節は「麻」と「辣」ごとに可能!

180328 tsujita tantanmen 03

「頼んだのが辛すぎて手に負えなかったらどうしよう……」と思いがちですが、ここは辛さの調節もかなり細かくできるので安心。

しかも麻(山椒)と辣(唐辛子)のそれぞれを個別に調節できるという柔軟さ。

180328 tsujita tantanmen 02

テーブルには四川山椒が備え付けられているので、ちょっと物足りない場合はこちらでビルドアップすることもできます。

まとめ:次は汁無し坦々麺にチャレンジしたい。

個人的にめっちゃ担々麺が好きなのですが、ここの担々麺は山椒がピリッとしてて最高。

あと、店員さんもめっちゃジェントルでびっくり。

ラーメン屋というと接客なんて二の次、というイメージですが、いい意味でラーメン屋っぽくない。

次に行ったら汁無し坦々麺にチャレンジしたいですね。

またいくぜ!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II  【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました