【10/22夜時点あと86記事追いかけ更新中!

全ては最高の眠りのために。テンピュールのスリープマスクを買いました!

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

以前、アイマスクが睡眠改善に効果があるという記事を書きました。

関連記事:アイマスク買ったら睡眠の質が改善してQOLが爆上がりした件。寝付きも良くなるしオススメ

このときに愛用していたのは「PLEMO(プレモ)の立体型アイマスク」。

かなり気に入って使っていたんですが、ふとしたタイミングでこのアイマスクを乾燥機にかけてしまったら接着部分(?)が剥がれてしまいました。

というわけで、せっかくなのでかねてから気になっていた「TEMPUR(テンピュール) のスリープマスク」を購入。

これがめちゃくちゃナイスな製品なので記事にしておきます。

PLEMOのアイマスクが乾燥機投入でダメになった

180717 tempur sleep mask 01

こちらが今まで愛用していたPLEMO(プレモ)の立体型アイマスク

目が当たる部分が立体的になっていて、圧迫感がないのが良かったです。

でも改めてこうしてみると、ベルト部分もだいぶくたびれてベロベロになっているのがわかります。

そろそろ潮時だったのかな……。

これくらいクタクタになると、やたら安心感があって使いやすかったりする。

180717 tempur sleep mask 06

Amazonの注文履歴をみたら2016年4月に購入したようなので、2年ちょっと使った計算になります。

幾多の夜を乗り越えた友よ!

テンピュールのスリープマスクを購入!

180717 tempur sleep mask 02

というわけで、新しいアイマスクとして「TEMPUR(テンピュール) のスリープマスク」を購入しました。

箱はアップル製品みたいな手触りのよい化粧箱。

なにげに人生初のテンピュール製品です。

180717 tempur sleep mask 03

こちらが箱から出したところ。

落ち着いたグレイの色味が良い感じですね。

パッケージの女性の顔から推し量れるとおり、PLEMOのアイマスクに比べると、サイズはちょっと大きいです。

180717 tempur sleep mask 05

バンド部分はマジックテープでサイズ調整するタイプ。

僕自身はかなり余裕があるところでテープを止めているので、もしかしたら頭の小さな女性はブカブカになるかも。

それなりに値段も張るので、不安な方は東急ハンズとかロフトみたいな実際に試着できるお店でサイズ感を確認したほうがいいかもしれません。

良いところと、改善されたら嬉しいところ

さっそく数日使ってみたので、良いところと改善されたら嬉しいところを書いておきます。

良いところ

良いところは以下のような感じ。

  • 上質な反発感。さすがテンピュール
  • 表面のファブリックの手触りも心地よい
  • 頬骨から眉毛あたりまでを覆うので遮光性抜群
  • 目に当たる部分が空洞になるので圧迫感がない

はじめの数日は大きめのサイズ感や生地の感触の違いから慣れない感じでしたが、しばらくすると条件反射で眠れるようになりました。

特に良いのはやっぱり「つけ心地」。

テンピュール素材の「じっくりと数秒かけて顔にフィットする感覚」はたまらない。

ここは他のメーカーには真似のできない領域で、さすがとしか言えません。

遮光性も完璧なので、明るい場所でのちょっとした昼寝にも良い感じです。

改善して欲しいところ

180717 tempur sleep mask 04

改善してほしいのは、左耳部分にかぶるようについている大きなタグの束。

このタグが本当にダメで、

  • アイマスク本体にタグが本気で縫い込まれている
  • なので、タグを簡単に取り外すことができない
  • しょうがなくタグの縫い込み糸を細いハサミで切って外そうとすると
  • タグの縫込み糸が本体の縫製を兼ねていたことが発覚
  • その結果、表面のファブリックが開いて内側のテンピュール素材が見えてしまう

という体たらく!

結局、縫い込まれている糸には途中で手をつけるのをやめて「タグそのものをできるだけ根本に近いところで切る」という感じで取り除きました。

ここはどうしてこんな作りになっているのか、正直理解不能。

このタグを付けたまま使っているひとっているんだろうか。

絶対にこのままでは顔や左耳にタグが当たるし、ガサゴソ不快な音が気になると思うんだけどな……。

どうせ取り外すユーザーが多いんだから、スーツの「しつけ糸」みたいに簡単に取れるように仮止め程度にしたら良いと思いましたが、どうでしょうか。

このタグの問題を除けば、まさに完全無欠のアイマスクです。

まとめ:至高のつけ心地はまさに「着・即・眠」。

テンピュールのアイマスクは「飲み会一回分」くらいの値段なので、1,000円前後がベースラインのアイマスクとしてはかなり高額な部類。

ですが、飲み会を一回我慢したお金で今後数年の上質な眠りが得られると思えば、このアイマスクはかなり賢い買い物だと考えることもできます。

よく言われますが、睡眠は人生の三分の一。

寝具にはガッツリお金を使っても、絶対にそれ以上のリターンが返ってきます。

個人的にはガンガン課金したい分野ですので、またなんか買うかもしれません。

睡眠を改善したい方は、テンピュールのアイマスクをぜひ試してみて下さい。

関連記事:夜行バスを快適に過ごすコツまとめ。乾燥対策・せき・トイレ・よく眠るコツなど

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II