【11/15朝時点あと101記事追いかけ更新中!

大阪駅近く、新梅田食道街の「はなだこ」は大阪についたらその足で食べに行くべきお店。

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

このごろ旅行に行ってなかったんですが、友達と「ちょっとふらっとどっか行きたいね」という話になりまして。

で、どこにするかで迷ったのですが、今回は大阪に行ってみることになりました。人生二回目。

そういうわけで、ここからしばらくは大阪旅行記がはじまります。まず1記事目は大阪駅すぐ近くの人気たこ焼き店「はなだこ」です。

今回の大阪旅行のテーマは「くいだおれ」。

171118 osaka hanadako 01

今回は東京駅を土曜日の朝7時に出発。

ほんとうはもっと早い時間から現地入りしたかったんですが、新幹線だと始発はこのくらいの時間から。なので大阪に着くのは10時前くらいになってしまいます。

かといっても深夜バスはな……。

前は新宿から長野まで深夜バスで行ったことはありますが、大阪までは遠すぎます。
関連記事:夜行バスを快適に過ごすコツをまとめてみたよ。乾燥するのでせき対策は必須!

ちなみに、今回の旅のテーマはベッタベタですが「くいだおれ」です。火の玉ストレート!

せっかく大阪に来たので一日五食くらい食べるつもりでおりまする。

大阪駅に着いたらその足で「はなだこ」に到着!

171118 osaka hanadako 02

新幹線で新大阪についたら、そのまま在来線で大阪駅へ。ここで友達と合流。

その足で向かったのは、大阪駅近くの新梅田食道街にあるたこ焼きのお店「はなだこ」。

さっそく着いてみたらお店の前はこのありさま!ものすごい混雑です。

はなだこは駅前の交差点から建物に入る通路部分にお店があって、スタンディングで食べる形式。椅子はありません。まさにたこ焼きスタンド。

ちなみに、ここは何年か前に一度大阪に来たときに立ち寄ったことがありました。完全に記憶から消えてたけれど、この店構えを見て一発で思い出したわ。それくらい強烈。

171118 osaka hanadako 03

お店があるのはほとんど通路部分なので、並び方も特殊。

後ろにはみ出ると迷惑になるので、できるだけ平べったくなって並びましょう。

並びはじめたときはけっこう時間がかかるかなと思っていましたが、数分待っているとあっさり自分たちの番に。たぶんひとり3分もかかってない。回転めっちゃ早い。

たこ焼きうますぎる……!でかいカメラで写真を撮るのは至難。

171118 osaka hanadako 04

すぐさま出てきたのはこちらのたこ焼き。ねぎだくのマヨネーズまみれ。

これがまたうまい……!ねぎは辛味があるかと思いきや、刺激は薄め。わさわさと食べられます。

ちなみにこのはなだこ、食べているときにも自分のすぐ後ろに人がみっちり並んでいて一歩も下がることはできません。

実はお店に着く前はα7IIの50mmレンズでインスタ映えな写真を撮ったろうとおもっていたのですが、ひと目みて焦点距離が稼げないことがわかったのでiPhoneでの撮影に切り替えました。ふひー。

もうひとつオーソドックスなたこ焼きも頼みましたが、そちらは写真すら撮れず。

食べて即脱出!食即脱!

関連記事:SONY α7II 使用開始3ヶ月時点での、良いところと気になるところ まとめ

まとめ:大阪についたらまずははなだこチャージ。

はなだこは、お店の並び方はしんどいし、でかいカメラを取り出すのははばかられる雰囲気だし、うしろにひとがみっちり並んでいて食べてるときも落ち着かない。

けれど、それを含めた活気あふれる雰囲気が、いかにも大阪という感じで良いと思います。

新大阪についたときはまだ「日常の延長」といった気分でしたが、はなだこの行列に並んでいるときに唐突に「あー、いま大阪にいる!」という実感が湧き上がって、旅行スイッチが入った感じ。

特にこういう感じでサクッとたこ焼きを立ち食いする文化は東京にはないので、かなり気分がぶち上がりました。

大阪にきたらまずはじめに立ち寄りたいお店です。また来るぜ!

次の記事はこちら:新梅田食道街の「お好み焼き きじ」は隠れ家的雰囲気で最高。モダン焼きはふわふわ!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II