【4/26朝時点あと70記事毎日更新で追いかけ中!

田端のシネマ・チュプキで「カメラを止めるな!」を観てきた

おだやかな暮らし
スポンサーリンク

先日記事を書いた東京都北区の映画館「シネマ・チュプキ」。

関連記事:田端にある日本一小さいユニバーサルシアター「チュプキ」に行ってきた

関連記事:映画「この世界の片隅に」を観た感想。「とにかく観てください」としか言えない

年が明けて2019年のしょっぱなに「カメラを止めるな!」の上映があったので観てきました。

タブレットやスマホで動画を観るならPrimeビデオがおすすめです。自宅でも出先でもテレビに挿すだけですぐに大画面で楽しめるFireTVもどうぞ!

サブタイトルの “ONE CUT OF THE DEAD” が良い

190108 one cut of the dead 01

2019年1月8日に訪問。

前回は12月末だったので2週間くらいのインターバルですね。

190108 one cut of the dead 02

今日観るのは「カメラを止めるな!」です。

この映画に関しては、この日まであらゆる前情報を遮断して生きてきました……が!

かなりの話題作だったのでやはり遮断しきれない部分も多く、なんとなく、どういう仕掛けかは察してるくらいのネタバレ度で行きました。

190108 one cut of the dead 03

観終わったいま改めて思うのは “ONE CUT OF THE DEAD” っていう英題の良さ。

  • はじめの30分を初見で観てるひとの心の中や
  • 一発撮りを何度も撮ったであろう撮影や
  • もちろんゾンビ的な意味でも

いろんな意味で「“地獄”のワンカット」的なニュアンスが感じられるのですごく良いと思う。

感想ツイートはこんな感じ

見る前後のツイートはこんな感じ。

「何度も観つくしたドラマの副音声」的なおもしろさ

上のツイートでも書いてるけど、おもしろさの要素としてはこんな感じなのかなと思いました。

  • ドラマのNG集をみているときのおもしろさ
  • 観ているこっちにまで伝わってくる、ドタバタの高揚感
  • 珍プレー好プレーみたいな全力だからこそ引き起こされた笑いの数々

あと特に「副音声的なおもしろさ」があると思いました。

自分が好きで観尽くしたドラマとかの「副音声」って、語られざるサイドストーリー満載ですごく楽しいもの。

ふつうはそういう「副音声のおもしろさ」って楽しめるようになるまでのハードルが高くて、いわゆる「熱狂的に知り尽くしてるファン」しか楽しめない敷居の高いものだった。

だけど、この映画では間髪入れずに「さっき見たばかりの映像」に対してそれを行うから、観客の誰もがその感覚を楽しんで共有できるようになってる。

まとめ:次はなに観よう?

前回の「この世界の片隅に」もそうだけど、チュプキは僕のような「流行りから遅れてもうどこの映画館も上映してないけど映画館で観たい」というユーザーのツボをついてきます。

有名作以外にもいろんな作品を上映しているけど、どれもセンスが光る。

「この映画あまり知らないけど、この映画館が選んだなら観てみたい」という信頼を寄せられる映画館です。

気になる方はぜひ足を運んでみてください!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II  【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました