【6/7朝現在あと113記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

久々にKindle Paperwhiteを触ってみたら、やっぱり便利すぎたって話。

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

ひさしぶりにKindleを引っ張りだしてみて使ってみたら、記憶の中の便利さよりも便利でした。
なので最近はあっさり生活のスタメンに再昇格していますよ、という話。

久々にKindle Paperwhiteを触ってみたら、やっぱり便利すぎたって話。

kindleは、なにより紙の本と違って場所を取らないのが素晴らしい。

ぼくはなんでもかんでもできるだけデジタル化して物の量を減らしていきたいなーと考えているので、
いくら読んでも物理的に本に取られるスペースが増えないというのは素晴らしいです。

Your Highlightsが便利すぎる。

Kindleで読んでいる本には、ハイライトをつけられます。
紙の本を読んでいて重要なところに線を引きますよね。あれとおんなじことを実現するのがハイライト機能です。

それだけならフーンってかんじですが、すごいのは、このYour HighlightsがWebでみられるところ。
Amazon Kindle: Your Highlights

一冊の本を読んで自分が線を引いたところが、まとめて一覧できる。
テキストなので、その中から検索もできる。

これこそデジタルの素晴らしいところだなーと。読書メモとかつくる人は重宝するんだろうなー。

かばんにそのまま放り込んだり、ジップロックに入れてお風呂に持ち込んだり、雑に扱えるのがいい。

Kindleはかばんにポイっと放り込んでも大丈夫な感じがします。

Kindle(特にPaperwhiteのあたり)は機能をシンプルに絞っているためか、
値段もそんなにしないので雑に扱える一因かもしれません。
他のタブレット、たとえばiPadだと、こんなに雑に扱えないもんね。

結局、雑に扱える安心感のあるものって、普段からよく持ち歩くことになります。
すると触れている時間も自然と長くなって、結果的に使用頻度が上がっていくって感じですね。
使用頻度が上がると、今度はそこにコンテンツを集約しだすので、ますます便利になっていく。

1巻だけ無料になっている漫画は結構あるので、活用しない手はない。

気になっていた漫画はあるけれど、最初の1巻を買うのって結構ハードル高い。
思い切って買ったものの残念ながら期待はずれだった場合は、2巻以降を買うこともない。

そうなると1巻だけあるっていうのが気持ち悪い。かといって処分するのも面倒ですなー。

こういうもやもやを解決してくれるのが、無料で1巻だけ読めるサービス。
昔の漫画もありますが、映画化を控えている最近の漫画も揃っていて、これは素晴らしいです。

むしろこれだけで元取れるのではないかというくらい、充実しています。

興味のある方は、Amazonのサイトに入ったらここをクリックして、
ここで「無料Top100」ってところを押せばズラーッとチェックできますのでどうぞ。

まとめ

人によって好き嫌いがあるかもしれないけど、
電子書籍に抵抗がない人はKindleを使ったらすごいハマるんではないかと。

今は色々環境が整ってきて、PCでもスマートフォンでもKindleアプリがあるのでいつでもどこでも読めちゃいます。
なのでKindle端末を買わなくても実は使えます。

Kindle端末を買うとしても、なにより端末自体が他のタブレットよりも安いので気軽に試すことができる。
なので、失敗してもそんなに痛くないし、ちょっと使えばあっという間に元が取れる。

しかしいまみてみたけど、Kindleのいまのモデルって結構いい値段するのね。
ぼくのKindleはPaperwhiteの初代モデルで、なんか5000円しなかったくらいのような気もするけどなー。

Kindle Paperwhite – 最高の読書体験、そのための電子書籍リーダー

それにしても他のタブレットよりは安いので、興味があって手を出していないひとは
ちょうどニューモデルも出たところだし、ぜひともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おためしあれ!

お知らせ。