【11/15朝時点あと101記事追いかけ更新中!

家庭菜園をはじめてからめっきり旅行に行けなくなった件

ベランダ菜園で自給自足
スポンサーリンク

今年からベランダを使った家庭菜園をスタートさせているんですが、ひとつ困ったことがあります。

それはぜんぜん旅行に出かけられなくなったということです。

ベランダ菜園を始めたら旅行に行けなくなった件

ベランダ菜園をはじめたころから薄々感じていたんですが、一番困っているのは旅行に行きにくくなったこと。

なぜかというと、それはシンプルに「水やりをしないと枯れる」から。

助っ人をよべるのであれば代わりに水やりしてもらうのもありですが、基本的に自宅の鍵を貸さないといけないのでハードル高め。

冬場ならまだなんとかなる気もしますが、夏場はほんとうに無理ゲー。

鉢の小さいベランダ菜園は土が乾燥するのが早く、夏場は朝晩2回が必須です。一泊二日でも状態によってはかなり植物が弱ってしまい、下手したらそのまま枯れてしまうかも。

ベランダ菜園をしてみて植物のある生活の豊かさを知ったので、できるだけ普段から菜園を続けたいと思うようになりましたが、みんな旅行にいくときはどうしているのかな……。

数日なら屋内退避させればもつけれど、日光も大事なわけで。

一週間も日を当てないとかなり弱ってしまうと思うんだよね〜。

自動潅水機に興味津々

そういうわけで、いま興味があるのは自動潅水機。

ちょっとしらべてみるとKickstarterとかにおもしろいのがちらほら出ています。

こういうのって電子工作的に自作するのもおもしろそう。
問題は水ってけっこう重みがあるし補充が必要になるので、そのへんがハードル高めですかね〜。
特に夏場はけっこう乾燥するので、水の補充の問題もある。

いちばんラクそうなのは、屋外に蛇口がある場合。
それならあらかじめホースを蛇口に繋いでおいて、あとはお風呂のシャワーヘッドみたいなのをつけておけば、シャワーヘッド側で出すか止めるかのボタンをタイマーで押すようにすればきっとOK。

そのレベルなら電子工作的にもなんとかなりそうだけど、それはふつうのベランダ菜園ではちょっと条件が難しいかも。
ベランダに洗濯機を置くタイプの家ならむしろいいかもしれませんね。

 

 

ちょっと調べてみたところ、IFTTTのアプレットにもガーデニングのジャンルがあるので、やはり世界的に需要がある様子。

とはいえ温湿度の状態をソーシャルにシェアするものがほとんどで、なかなか潅水機能を持たせたものは少ない感じ。

海外のベランダ菜園プレイヤーはどうやって乗り切っているのかな。

もしかしたら、こんなチマチマとしたことやっているのは日本だけなのだろうか……!

まとめ

ベランダ菜園は最高にたのしいけれど、旅行に行けないのはちょっと困る。

どこかに良いソリューションはないものか……。

引き続き目を光らせていきます。

いちばん手っ取り早いのは「シェア畑」をつかうこと。

自宅でベランダ菜園をしていると、なかなか旅行に行きにくくなります。

この記事では自動灌水機に注目していましたが、もうひとつの手っ取り早い解決方法はシェア畑を利用することです。

特に夏は一日に2回くらい水やりをしないとシナシナになってしまいますが、その点もシェア畑なら万全。
シェア畑なら毎日担当の方がきちんと見回りしてくれるし、水やりも代行してくれるので気軽に旅行にいけます。

見学は無料で随時受け付けているようなのでご興味ある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
実際にどういう野菜がつくれるのかを自分の目でみられるし、30分くらいでサクッと終わるから散歩のついでに行ける感じです。

見学の申し込みは以下のリンクからお気軽に!
【手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑】

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II