夜ご飯を少なめにして早い時間に食べてしまえば、空腹が早起きのモチベーションになる。

おだやかな暮らし
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ザ・二度寝対策。

夜ご飯を少なめにして早い時間に食べてしまえば、空腹が早起きのモチベーションになる。

早起きしてもついついやってしまうのが、二度寝。

このブログにはすでにいくつか、早起きへの挑戦と挫折の歴史が刻まれています。

たとえばこれとか。
早起きは二度寝との闘いである

二度寝対策として最近取り入れているのは、夜ご飯を少なめに、早い時間に食べること。

夜を軽くすることで、朝起きるころにはグーッとお腹が空いています。
すると、「ごはんを食べたい」という理由でベッドから出られるんですよ。ウケることに。

あとはお腹がほどほどに空いていると睡眠の質が上がって、ぐっすり眠れている感じもします。

これまではせっかく早起きしても「特にやることないから寝るか」みたいなこともありましたが、
朝の流れが生活パターンとして定着してきたのも大きいかもしれません。

何度も書いているけど、朝のうちに何もかもが片付いてしまっている生活は、
一度体験すると手放せなくなります。

また早起きのコツを見つけたら記事として書いていくつもり!

お知らせ。

 【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました