【12/12朝時点あと88記事追いかけ更新中!

これぞ21世紀。ストレスフリーな完全左右独立型イヤフォン「Apple AirPods」を購入したの巻。

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

ここ数年、ずーっと欲しかったのが左右完全独立型のイヤフォン。

去年辺りからワイヤレスイヤフォンのジャンルは一気に開花。

で、いくつかの条件を考えて選択を絞っていった結果、AirPodsを購入することにしました。

この記事では以下のトピックを記事にしておきます。

  • 独立型イヤフォンに求める機能と条件
  • AirPodの良いところと残念なところ
  • 他のイヤフォンとの使い分け

独立型イヤフォンに求めていた機能と条件

ちなみに独立型イヤフォンに求めていた条件は上のツイートのような感じです。

まだ技術が追いついていないところもあるけど、このへんが8割くらい満たされていれば良いかな〜という感じ。

価格と機能と信頼性を考慮していろいろ調べましたが、結局AirPodsを買うことにしました。

AirPodsクイックレビュー

せっかくなので簡単なレビューを書いておきます。

AirPodsのよいところ

  • コードが絡まないので至極快適
  • コードがないのでいわゆる「ケーブルノイズ」とも無縁
  • Apple製品とのペアリングが瞬速
  • 耳につけているのを忘れるくらい軽い
  • ケースにしまえば充電できるので出先でのバッテリ不安なし
  • 電池の残量がスマホで確認できて便利
  • ケースとあわせてもサイズが小さいので持ち歩きがラク
  • イヤフォンのタップで再生とか一時停止の操作ができる
  • 片耳ずつでも使える
  • 2万円しないのでイヤフォンとしてはむしろ安めなのでは

AirPodsのアレなところ

  • 遮音性皆無なので電車の中で使うにはきつい
  • 遮音性皆無 = 外への音漏れも気になる
  • やはり「耳からうどん」なデザイン
  • イヤフォン側で音量調節できたらよかった

自宅ではAirdPods、電車内ではクリプシュという使い分け。

最初は「AirPodsで生活の中のすべてのシチュエーションをカバーできるのでは」と思っていました。

しかし、電車の中などのうるさいところでは(個人的な感覚では)AirPodsはあまり使い物になりませんでした。残念。

なので、最近はAirPodsは家の中で延々と作業するときにつけています。

基本的な使い分けはこんな感じ。

  • 自宅ではAirdPods
  • 電車内とか出先ではクリプシュ

ちなみに、クリプシュという僕が大好きなイヤフォンメーカーのカナル型は、遮音性も、音質も、つけ心地も最高です。ただし値段が高い。

むしろクリプシュの完全ワイヤレス出れ。

まとめ:買ってよかったAirPods。

180424 apple airpods review 01

総合的な結論としては、大満足。

特に夜中に爆音で音楽を聞きながらエアギターするのに最高。

ケーブルがないのでどんなパフォーマンスも可能なのがいいですね〜。

このシームレス感は最高で、21世紀に生きていてよかったと実感します。

おすすめです!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II