【6/7朝現在あと113記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

トレーラーコテージの設備が快適過ぎる件。冬でも雪でも問題なし!

たのしい旅行記
スポンサーリンク

相模湖駅から歩いてプレジャーフォレストのキャンプ場(パディントンベアキャンプグラウンド)までやってきた我々。

前回の記事はこちら:相模湖駅からプレジャーフォレストまで歩いてみたの巻。湖畔からの眺めはまるで水墨画。 | yawn

さっそく受付を済ませて本日泊まるトレーラーハウスに向かいます!

キャンプ場の受付でチェックイン!

180203 kofu sagamiko kawagoe 94

パディントンベアキャンプグラウンドでは、入口でシャトルバスに乗ると宿泊キャンプの受付まで連れて行ってくれます。

乗車時間は5分くらいでしたが、めっちゃ山道登ったので、徒歩で上ってくるのはかなり辛いと思います。

180203 kofu sagamiko kawagoe 95

チェックインは14::00〜17:00。

この日は17時近くになってしまったけど、14時に入ればかなり余裕を持って焚き火とか燻製とかできるのでいいかも。

180203 kofu sagamiko kawagoe 205

受付のところにはウッドキャンドル(スウェディッシュトーチ)もありました。

申請すれば使えるのかな?

上にそのまま鍋を乗せて簡単な調理をすることもできるので便利です。

180203 kofu sagamiko kawagoe 202

受付を済ませたらキャンプ場の中を今晩の宿まで歩いていきます。

キャンプサイトはかなり広いですが、この日は僕たち以外にほとんどお客さんはなし。

冬シーズンは空いてて良いな〜。

ここはテントを張って泊まるタイプの区画で、一段下がった奥に見えるのはオートキャンプ用の区画です。

180203 kofu sagamiko kawagoe 203

見上げたところにもキャンプサイトがあります。

180203 kofu sagamiko kawagoe 97

キャンプ場は山の中腹の斜面にあって、頭の上には観覧車が見えます。

明日あそこに行く!

人生初のトレーラーハウス!手ぶらで快適に過ごせます。

180203 kofu sagamiko kawagoe 98

そんな感じでしばらく歩いていると見えてくるのが、今晩の宿のトレーラーハウス。

人生初のトレーラーハウスなのでものすごくテンション上がる!

これなら雪でも寒くないので快適です。

180203 kofu sagamiko kawagoe 99

レンタルした区画の中にはこんな感じでウッドデッキ、テーブルと雨除けテントがあります。

上の写真では隠れちゃってるけど、雨除けテントの向こうに焚き火台もあります。

180203 kofu sagamiko kawagoe 123

焚き火台はこちら。これがあれば安心して焚き火ができる!

180203 kofu sagamiko kawagoe 128

ちなみに薪は受付したときにゲット済み。

炭は区画に着いたときには、すでにテーブルの上に一箱おいてありました。

トレーラーハウスの設備に大興奮!同時に6人泊まれます。

180203 kofu sagamiko kawagoe 100

さっそくトレーラーハウスに潜入します!

180203 kofu sagamiko kawagoe 101

このトレーラーコテージは合計6人が泊まれるビッグサイズ。

入り口から見て左手に二人用の大きめのベッドがひとつと、右手の方に二段ベッドがふたつあります。

180203 kofu sagamiko kawagoe 102

こういう狭いところって毎日はしんどいけど、たまにだとすごくよく眠れるよね……!

ちゃんとそれぞれのベッドの横には窓があって嬉しい。

なんかこういう小さい窓の空間って、宇宙船みたいでたのしいなー。非日常。

180203 kofu sagamiko kawagoe 103

二段ベッドの間にはこんな感じで収納用の棚があります。

上着をかけるハンガーもあるのでコートとかも余裕で収納できます。

180203 kofu sagamiko kawagoe 104

入り口左手の方の二人用ベッドはこんな感じで窓がたくさんあってゴージャス。

180203 kofu sagamiko kawagoe 112

こっちからの眺めは最高!斜面の底まで続くキャンプサイトを見渡せます。

この日はずーっと向こうまで雪景色。

水回りも万全!食器も食材も完備!

180203 kofu sagamiko kawagoe 105

トレーラーハウスですが、ガスも水道も来ているのでまったく生活には困りません。

180203 kofu sagamiko kawagoe 179

夜間に水道管が凍結すると困るので、水道はちょろ出し推奨でした。

180203 kofu sagamiko kawagoe 192

ちいさいけれど、トレーラーコテージの中にはシャワーもあります。

洗面台には歯ブラシなどのアメニティまである。

キャンプなんだけど、ちょっとしたビジネスホテルくらいのクオリティに到達してます。

180203 kofu sagamiko kawagoe 193

天井は何箇所かこんな感じで明かり採りの天窓が着いてました。

おかげで車内だけど結構明るい。

180203 kofu sagamiko kawagoe 111

夜ご飯のバーベキュー用の野菜とか肉はぜーんぶ用意されていました。

180203 kofu sagamiko kawagoe 115

当然お皿もカトラリーもあります!

紙皿とかじゃなくて、ちゃんとしたやつ。

チャッカマンも完備。いたるところにコンセントもあり。

180203 kofu sagamiko kawagoe 106

フライパンとか片手鍋とか湯沸かし用のヤカンとか、そういうやつも全部あります!

すなわち!手ぶらでOK!

テーブルのほか、ソファまである!

180203 kofu sagamiko kawagoe 107

さらにさらに、こんな感じでソファまであります。

180203 kofu sagamiko kawagoe 108

180203 kofu sagamiko kawagoe 181

ソファの横にはテーブルと椅子も。

ファミレスみたいな感じのテーブルと椅子なので、余裕で4人は座れます。

ちょい詰めすれば6人でもOK。

180203 kofu sagamiko kawagoe 109

よくわからないことがあったら付属のタブレットで調べ放題。

ちなみにキャンプサイトには無線LAN(Wi-Fi)は来てません。

180203 kofu sagamiko kawagoe 110

ソファ&テーブルエリアから、さっきの二段ベッド方面を望む。

通路がちょっと狭いのはトイレとシャワーがあるからです。

この写真でいうところの、左手の鏡の裏側がトイレになってます。当然水洗!

ちなみにトイレの向かい側がトレーラーコテージの玄関になってます。

エアコン、電子レンジ、冷蔵庫まである!

180203 kofu sagamiko kawagoe 184

室内はエアコンがあるので全く寒くありません。

180203 kofu sagamiko kawagoe 194

さらになんとオーブンまで!

が、残念ながらこのときは使用できず。

180203 kofu sagamiko kawagoe 195

キッチンの上には電子レンジ。

180203 kofu sagamiko kawagoe 196

さらにキッチン横には冷蔵庫まで。

ちょっと家庭用に比べると性能は落ちるみたいだけど、しばらく食材を保存するくらいなら十分。

パノラマで撮った室内の様子

180203 kofu sagamiko kawagoe 113

180203 kofu sagamiko kawagoe 114

テンション上がりすぎてiPhoneのパノラマで撮影した画像がこちら。

超広い!

もうここに住める。むしろ住みたい。住もう。住む。

翌朝の楽しみとして、甲府で買ってきたアイスを雪に埋めておくでござる

180203 kofu sagamiko kawagoe 116

ところで電車に乗って相模湖に来る前に、甲府駅のコンビニでアイスを買ってきておりました。

ひとつは桔梗信玄餅アイス!

そして、もうひとつは安納芋の大学芋味の雪見だいふく!

180203 kofu sagamiko kawagoe 117

明日の朝のたのしみとして、雪に埋めて凍らせておくことにします。

保存食を埋めてるリスの気持ち。高まる!

明日の朝、忘れて帰らないようにしなくては……。

次回はさっそく火起こしからのバーベキューです。

つづく!

次の記事はこちら:ノーモア牛肉。バーベキューは神奈川のブランド豚「やまゆりポーク」さえあればいい。 | yawn

お知らせ。