ぼけーっと考えたこと

自分の「サイズ感」に目を向けよう。

このごろ思うのは、自分の人生とか生活の「サイズ感」について。

けっこう大げさっぽい話だけど、これをちゃんと考えておくことって大事だな〜と思ったので。

自分の「サイズ感」に目を向けよう。

考えてみれば、自分が生きるために必要最低のサイズ感って意外とわかってない。

挙げればキリがないけれど、たとえばこれら。

  • 居住空間のサイズ
  • 食事の量
  • 生活費
  • 必要な会話の量

これらそれぞれにおいて、自然体の自分が満足できるラインってどのくらいか。

ひとや雑誌やCMから吹き込まれた情報でなくって、自分の肌でどう感じるか。
ぼくは、実はひとひとりの生活に必要なサイズって、意外と小さいんじゃないのかなと思います。

現代を生きていると、いつの間にかいらない情報を持たされて、服の中で泳げるようなダボダボの生活になってしまう。

考えてみれば、服だって、自分にあったサイズを着なきゃかっこよくないわけで。

変に背伸びするよりも自分のサイズにぴったりあった生活をしたほうがかっこよい、ということですね。

まとめ

もちろん、理想とするサイズの服を買って、自分をそれにあわせるように成長していくのもあり。

身体のサイズは成長期が終わればある程度固まってくるけど、人生のサイズはいつだって変えていけるから。

それでもまずは、今の自分のとって、最適な生活のサイズっていうのはどのくらいなんだろう?ということを明確に捉えておくこと。

それは、生きやすくなるひとつのヒントなのかも、と思いました。


このブログと、書いているひとについてはこちら

5ヶ月遅れでもブログを書いている理由はこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. 「わかったふり」は百害あって一利なし
  2. 自分で自分をひとつのやり方に縛り付けないこと
  3. 家はもっとこれからインスタントなものになっていくんだなと思った話…
  4. 出し惜しみしている限り、新しいアイデアは生まれない
  5. 自分の24時間には「選抜したタスク」しか入れないようにする
  6. 計画の本質は、不確定な未来から「いまここ」の自分を切り離すこと
  7. モチベーションを維持するには小さな目標を確実にクリアして「勝ちグ…
  8. 自分の中の「防波堤」は外的要因により簡単に突破されるものと考えた…

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP