SENSE

これからはどんどん「体験」にシフトしていきたい。

「体験」をもっともっと重視して、注目していきたいなーと思っています。

これからはどんどん「体験」にシフトしていきたい。

もしかしたら今更なのかもしれませんが、体験というものをもっともっと重視すべきだと感じました。

こう考えるきっかけになったのは、
体験の全方位性と唯一性に気がついて、何かを掴んだ気がしているからです。

全方位性というのは、「体験」というものが「手段」にも「目的」にも
「きっかけ」にも、なんだってなれるのではないか?ということです。

あれをするためにこれをしたい、という矢印型の行動は、スタートとゴール、手段と目的という構図に固まりがち。

それに対して「体験」っていうのは、それ自体がぐるぐるとループしている感じ。
どこからでもスタートになれるし、どこでもゴールである感じがします。

言葉にするのがむずかしいんだけど、なんだか掴みかけている感じがしています。

唯一性というのは、体験には自分というフィルタが必ず通されるので、絶対に唯一無二のものになるということ。

自分がチャレンジしてみないと、その「体験」というのは
ずっと可能性の海に埋まったままで、誰も掘り起こすこともない。

体験を繰り返してそういうものを探して、集めていくことにすごく意味があるのでは?と。

さらに面白いのは、「体験」がないと体験できない別の「体験」がありそうだな、ということ。
どんどんディグっていける、というやりこみ要素もありそうです。

考えてみれば、旅行は「体験」の連続だった。

ぼくは旅行に対しては、これまで「移動」することにその本質みたいなものを感じていたけど、
考えてみたら旅行は、「体験」に最もフォーカスした時間の過ごし方なのかもしれない。

旅行している間は、「体験」が連続していて、切れ間ないかたまりとして触れられる。

色々書きましたけど、ようするに、そろそろどこかに旅行に行きたいなーという話なのかも。
実はいくつか目星はついているので、この夏は色んな所に繰り出すことになるかもしれません。

たまには明日にでも忘れていそうな形にすらなっていないことを
こういうところに書くというのも、なかなかおもしろいなー。


このブログと、書いているひとについてはこちらへどうぞ。

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。




関連記事

  1. まっすぐにゴールする能力よりも効率的に失敗を集める能力のほうが価…
  2. 体験してアウトプットして客観的評価を下す。この繰り返しでしか自分…
  3. 「思考停止してひたすらに努力する」ことはある種の怠慢である
  4. 自分の中の「防波堤」は外的要因により簡単に突破されるものと考えた…
  5. もやもやした気分になったときに備えて、自分で自分を切り替えるスイ…
  6. コスパにこだわっている限り、いつまでたってもおもしろいものには出…
  7. 所有しないという快感。図書館をもっと有効活用していこうと思ったの…
  8. 「これからの本屋はアティチュードを売るようになるのかもしれない」…

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP