SENSE

なんでも燃料にしてエネルギーに変えられるのは良いことだ

こないだ森博嗣さんの「自由をつくる自在に生きる」って本を読みました。

森博嗣さんの本は小説自体よりもエッセイ的なもののほうが好きで、よく読んでいます。

で、その本を読んだところ、最近自分が思っていることと混じり合っていろんな感情がバーっと湧き上がってきたので、書き留めておくことにします。

なんでも燃料にしてエネルギーに変えられるのは良いことだ

「世の中は不公平と理不尽でいっぱいだ」と認識すること。
それは本当にただ「そう事実として認識している」だけである。

別にそれでいいと白旗を上げているわけでもないし、異議を唱えないつもりでもない。
ぜんぜん別物。おかしいものはおかしいし、勝手に納得してると思われるのは心外である

とはいえ、自分から全体を変えることはできないこともわかってる。

だからこそ、自分の手の届く範囲はちゃんとやりたい。そして、いろいろと変わってほしいと願っている。
願うことは無力かもしれないけど、諦めるわけではない。

毒でもなんでも、食ってレベルアップするしかないのである。
まだまだレベルが足りない。

他人の評価はあてにならない。

そんなのに一喜一憂するくらいなら黙々と、淡々とレベル上げていくべき。
小技を身につけるよりもそれが王道。

まとめ

動機やきっかけはなんであれ、たとえそれが否定的な意見でも、それをエネルギーに変えて前に進んだもん勝ちということ。
まだまだメンタル足りないので、今後も引き続きエネルギー変換効率100%目指したいところです。

「転んだらただでは起きない」は絶対。
つまずいて転んだら「しめた」っておもうくらいがちょうどいい。

地面に突っ伏しながら、顔ではにやけて次の立ち振舞を考えるくらいの余裕がほしい。

関連記事:まっすぐにゴールする能力よりも効率的に失敗を集める能力のほうが価値がある | yawn


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. 「変わっていくこと」を受け入れるだけで物事は好転していく
  2. お金で時間を買えるなら迷わず買い占めるべき
  3. 仕組み自体を楽しめるか、ウワモノにハマりきれるか。
  4. ブログは「なつやすみの自由研究」の集合体だ
  5. ポップコーン以上に映画館にマッチする食べ物を考察するの巻
  6. 自分の24時間には「選抜したタスク」しか入れないようにする
  7. 自分ではじめる世界創造。庭園造りは価値観表現の最高の舞台なのでは…
  8. 「最大瞬間風速主義」は捨てて、淡々と一定のペースで走ること

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP