ただいま追いかけ更新中!残り209本(11/12夕方時点)

最新記事はこちら

弾かなくなった楽器の買取サービス「奏屋」の利用レポート。出張買取なら梱包などの手間ゼロ!

ナイスなアプリやサービス
スポンサーリンク

僕ずっと音楽が趣味で楽器をやっているんですが、だんだん弾かなくなってきたものもあって。

ずっと処分しなきゃいけないと思いつつも、

  • 楽器は重いので店舗に持ち込んで査定してもらうのは大変
  • 専用ダンボールが必要なので郵送買取も大変

ということでなかなか踏み切れずにいました。

しかしこのたび、これらの悩みを解決してくれる「楽器の出張買取・奏屋(かなでや)というサービスを発見。

ちょうどよかったので試してみましたが、これが良かった!

この記事で使用しているカメラ&レンズは SONYのミラーレスカメラ「α7II」 + SONY SEL50F18F(50ミリ F1.8) です!

今回売却した楽器

今回はエレキギター2本と、エレキベース1本の計3本。

これを店舗持ち込みすると肩が破壊されますが、出張買取なら自宅でみてもらえるので助かりました。

Epiphone CASINO

180923 kanadeya 01

ひとつめはエピフォンのカジノ。

カジノは廉価版と通常版があるけどこちらは廉価版。2003年ごろに購入。

ビスとか錆びてるけど、状態はまずまずといったところ。

Fender Jazz Base

180923 kanadeya 03

ふたつめはフェンダージャパンのジャズベース。

これはネックがすぐに反っちゃうのであんまり弾かなくなっちゃったもの。

180923 kanadeya 02

スイッチ周りも痛みが激しく出てます。

ノブはいつの間にかひとつ脱走済み。

Fender MUSTANG

180923 kanadeya 04

最後はフェンダージャパンのマスタング(ムスタング)。

180923 kanadeya 05

今どきのマスタングと違ってボディにラインが入っていないやつ。

ピックガード周りがちょっと汚れてるけど、全体的にこれも状態はそんなに悪くない。

黒いボディに真っ白なピックアップがかっこよくて、かなり軽いので弾きやすかったー。

ちなみに、マスタングと言えば映画の「ソラニン」ですよね。宮崎あおいさん演じる芽衣子さんラブ。

劇中ラストのライブシーンに出てくる町田のライブハウス「ACT」でライブしたことあるのは良い思い出です。

今回は自宅に来てもらって査定してもらう「出張買い取り」

奏屋は

  • 自宅に査定員が来てくれる「出張買取」
  • 自分で店舗に持ち込む「店舗買取」
  • 自宅で梱包して郵送する「宅配買取」

があります。

今回僕が試したのは「出張買取」。

楽器って持ち運ぶには重いし、梱包するにも専用のダンボールが必要でかなり大変。

なので、自宅まで来てくれる出張買取はかなりおすすめです。

むしろ「出張買取」という選択肢がなかったら、面倒すぎて売ってないと思う。

買い取り金額と内訳

気になる買い取りの内訳は合計35,000円。

  • マスタング:2万円
  • カジノ:1万円
  • ジャズベ:5,000円

もちろんそれぞれの楽器の状態によって変動するものなので、ご参考程度に。

また、査定員の方によると、

  • マスタングやテレキャスターは比較的、値が下がりにくい
  • ストラトキャスターは比較的下がりやすい
  • Fender USAに比べて安くなるが、フェンダーならジャパンでも値がつく

とのこと。

楽器の状態だけでなく、市場の需要と供給や大きなニーズのうねりも絡んでくるようですね。

査定員の印象はかなり良かった!

よく知らないひとが数分間査定のため自宅にいる……というのは、ちょっと緊張するもの。

ですが、奏屋の査定員さんはとてもフレンドリーで良かった。

僕のときに来てくれたのは、もともとバンドで音楽をやっていたという同い年くらいの方。

「会話を盛り上げながらも手は休めない」タイプなので、お互いの音楽遍歴や使ってきた楽器のことなどで話が盛り上がってるうちに、いつのまにか査定が終わっていた感じ。

事前に玄関付近にぜんぶまとめておけばそこで査定してくれるので、部屋の奥に入ってくることもなしです。

査定にかかる時間はトータルで20分程度でした。

「奏屋」の楽器買取サービスをつかってみた感想

僕が試した「訪問買取」の場合の感想としては……

  • 自宅に訪問査定してくれるのはラク
  • 成立すればその場で現金買い取りしてもらえるので安心
  • 一点ごとの金額を記載した買い取り明細書がもらえる
  • 郵送買取と違ってダンボールに梱包する必要がない
  • 店舗買取と違って自分で楽器をお店まで運ぶ必要がない

手間が全然かからないので、出張買取はかなりおすすめです。

まとめ:機材の新陳代謝をすすめよう。

これまでも書いている通り、僕は生活をシンプルに保つために、「ひとつ手に入れたらひとつ手放す」を基本ルールとしています。

自分が使うものだけを手元に残して「生活の純度」をキープすること、それは「自分の生活を自分でコントロールする」ための第一歩です。

音楽が趣味だとついつい楽器も増えがちですが、奏屋なら安心して買い取ってもらえます。

気軽に売り買いするならメルカリもいいけれど、やっぱり楽器に関しては梱包とかの手間を考えるとちょっと使いづらい。

「使ってない楽器がたくさんあるので、サクッと買い取ってもらいたい!」という方は、ぜひ楽器の出張買取「奏屋」をお試しください!

関連記事:「写し屋」(旧・カメラのリサマイ)で不要なカメラを売却したの巻。出張買取なら梱包不要&即現金化!

関連記事:【随時更新】断捨離に使った買取サービスとその評価まとめ。

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II  【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました