SENSE

仕組み自体を楽しめるか、ウワモノにハマりきれるか。

何かに夢中になるっていうのには、二通りのルートがあるな〜とおもっていまして。

ちょいと考えて結局なんにも出てこなかったんだけど、メモとして残しておきます。

仕組み自体を楽しめるか、ウワモノにハマりきれるか。

同じような話としては、「写真」そのものが好きなのか、「カメラ自体」が好きなのか、というのもあります。

こっちだとぼくは「仕組み側」であるほうのカメラではなく、写真そのものの方に興味がある。

で、ちょっと思ったのは、ルールそのものが好きなのか、それともその中の競技性が好きなのか、というところ。

前者は思想的・概念的な美しさ、後者はやりこみ要素的なところに惹かれるという感じなのかな。

ブログについてはウワモノが好き

ブログについてはどうなんだと思うと、ぼくはやっぱり仕組み自体よりもウワモノに興味があります。

ベースにある技術とかサーバとかよりも、コンテンツ全般が好き。
もっと言えば、自分をおいておける場所として作り込めるところとか、自分の好きなように箱庭化できるところかなぁ……。

うーんでも、野球についてはプリミティブなところが好きだし、ブログとかはウワモノが好きとなると、一貫性がないな〜。

いくつか挙げてみればもうちょっと傾向みたいなものが見えてくると思ったんだけど、やっぱり人間は意外とテキトーにできているのかもしれませんね。

まとめ


結局記事を書いている内にもなんにも湧いてこなかった!
いつもは何も考えていなくても書いているうちに「あ、そうか!」とか言いつつじゃんじゃか書くことが湧いてくるんですが、なかなか難しいですね〜。

ここを分けるのはいったいなんだろうか……。
これとは違う別の切り口がないとどうにもだめっぽいですね。

こういう感じで統一理論が編み出せたらおもしろいと思うんだけどな〜。

なんか思いついたらまた書きます!


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. 変化を記録する場所があるからこそ、変化できる
  2. 最高値を高めるよりも平均値を高くしたい
  3. 自分の身体で体験せずに「わかった気になる」ところから老化がはじま…
  4. 自分の「サイズ感」に目を向けよう。
  5. 「これからの本屋はアティチュードを売るようになるのかもしれない」…
  6. 「最大瞬間風速主義」は捨てて、淡々と一定のペースで走ること
  7. 「すごい」をかたちづくるのは、「普通」のことなのでは、説。
  8. 何かを手放せばそこには必ず新しい何かが入ってくる

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP