【6/7朝現在あと113記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

自宅で簡単につくれる鶏肉のトマト煮が驚異的にうまい件。そのレシピをここに記す。

DIYな自炊プロジェクト
スポンサーリンク

寒い冬は煮込み料理が最高ですねー。
特に鶏肉のトマト煮ってなんであんなにおいしいんでしょうかね。

てなわけで、そのへんのスーパーにあるものですぐに作れる鶏肉のトマト煮のレシピをここに記します。

材料

  • 鶏むね肉・・・600g
  • 玉ねぎ・・・2つ
  • にんにく・・・2〜3かけ
  • カットトマト缶・・・1缶
  • コンソメキューブ・・・3つ
  • オリーブオイル

下ごしらえ

  • 鶏肉は一口大くらいに切っておく
  • 玉ねぎはみじん切りにしておく
  • にんにくは薄くスライスしておく

レシピ

  1. 鍋にオリーブオイルをひいて、火をかける前ににんにくを入れる。
  2. 弱火でにんにくをじっくり炒める。
    このとき油の温度がゆっくり温度が上がるように炒める。
  3. にんにくの香りが出たら、そこに玉ねぎを追加して中火で炒める。
  4. 5分くらい炒めてたまねぎが透明になったら、火を止める。
  5. 玉ねぎとにんにくをいったん鍋から取り出し、皿などに置いておく。
  6. 鍋に油をひきなおし、中火で鶏肉を炒める。
  7. 鶏肉は表面に焦げ目が軽くつくくらいまで炒めます。
    このとき、鶏皮の脂が十分に溶け出してくるまでじっくり火を通すのがポイント。
  8. 皿によけておいたたまねぎとにんにくを鍋に戻し、そこにトマト缶を投入する。
  9. 鶏肉や玉ねぎがひたひたになるくらいまで水を入れ、コンソメキューブを入れる。
  10. ときどきかき混ぜながら10分くらい中火で煮たら完成。

レシピの補足

手順10で煮込むタイミングでバターを溶かしいれたらフワッとした風味が追加されてもっとハッピーになれます。

食べる直前に胡椒をふるとアクセントが効いて良いかも。

鶏肉は胸肉でも脂がしっかり溶け出すまで火を通してやれば旨味は十分だと感じます。
もも肉で同じようにつくる場合はたくさん脂が出るので、お好みで皮は処理したほうがよいかも。

じっくり鶏肉からの脂を引き出せれば、胸肉でもとくにパサパサすることもないと思います。

簡単だけどめちゃくちゃうまい!一晩寝かせると味が染み込んでいっそうレベルアップします。

そして一晩寝かせて味がまとまった翌日のトマト煮は本当に最高。
煮込み料理は身体が温まるし、基本放置で出来上がるのが素晴らしいです。

ハイパーめんどくさがり屋なそこのアナタは、カゴメのトマト煮用ソースから入門するのも吉。
自作レシピとで食べ比べたらおもしろいかもしれませんね〜。

赤ワインとか使わないでスーパーにあるもので簡単にトマト煮を作りたい方、ぜひおためしあれ!

お知らせ。