【12/10夜時点あと90記事追いかけ更新中!

マイボトル派の夏に。棒状の氷が作れるスティックアイストレーが最高

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

僕は外出時は自宅で淹れたコーヒーをマイボトルに入れて飲むことが多いです。

特に夏の間は、キンキンに冷やしたアイスコーヒーをいつでもボトルから飲めるので最高。

そんなコーヒーライフを更に高めるグッズとして、棒状の氷を作れる「スティックアイストレー」をおすすめします。

棒状の氷を作れるシリコン製容器「スティックアイストレー」

180819 stick ice tray 05

スティックアイストレーの外観はこちら。

パッケージ写真にある通り、ボトルに入れやすい形の氷が作れるのが特徴。

180819 stick ice tray 04

この製品の特徴は主に3つあって、

  • ステンレスボトルにピッタリの棒状の氷が作れる
  • フタがついているので氷ににおい移りしない
  • フタがついているので積み重ねて大量の氷が作れる

といったところ。

夏は氷がたくさん必要になるので、大量生産できるのは便利ですね〜。

180819 stick ice tray 03

袋から出したところ。

シリコン製のグリーンの容器に半透明のフタというセット。

180819 stick ice tray 02

一度に9本のスティック氷が生産できます。

180819 stick ice tray 01

さっそく作ってみたところ。

こうしてみると一つひとつの氷が自動製氷されるものよりも大きいことがわかります。

ボトルの中に入れる氷は小さいものよりも大きなほうが表面積が小さくなる分だけゆっくり溶けるので、長時間保冷できて良いですね。

まさに夏向き。

スティックアイストレーの良いところ

しばらく使ってみて感じた良いところはこんな感じ。

  • スティック氷はステンレスボトルにピッタリで便利
  • ちゃんとトレーにフタがあるので冷凍庫内で水がこぼれない
  • シリコン製なのでトレーをひねって氷を外すのが簡単

我が家では、夏の間は毎朝淹れたコーヒーを氷で急冷してアイスコーヒーにしています。

スティック状の氷は背の高いグラスにもぴったりです。

あとは僕はもともと外出時にペットボトルを買ったりカフェに入ることはあんまりなくて基本的にマイボトル派なのですが、持ち運び用の魔法瓶でも夕方までキンキンに冷えてて最高ですね。

職場でも自宅で淹れたおいしいアイスコーヒーをずっと楽しめるのでQOLが高まります。

まとめ:ちょっとしたことで人生は高まる。

この製品、値段も大したことないし、別になくても困らないタイプのものなんですが、やっぱりひとつあると生活が素晴らしく改善します。

特に毎朝自宅でコーヒーを淹れてるひとは、夏の間はこういう氷があると熱々のコーヒーをアイスにしてすぐに飲めるので便利です。

マイボトル派のひともこれさえあれば不必要にカフェに寄ったりペットボトル買ったりしなくて済むので、トータルでは絶対にお得。すぐに元取れると思います。

自宅で自分で淹れたコーヒーって飲み慣れていておいしいし、そういうものを出先で飲むとホッとするしね。

ぜひ一家に一つおすすめしたいグッズです。

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II