【11/10朝時点あと96記事追いかけ更新中!

集中時間を項目ごとに測定/管理/グラフ化できる「Focus Timer」が使いやすい

ナイスなアプリやサービス
スポンサーリンク

前に日々の時間や項目の管理をGoogleスプレッドシートで行っているという記事を書きました。

関連記事:Googleスプレッドシートで習慣化をはじめよう!数値で可視化するメリット4つ

Googleスプレッドシートは日々の記録の積み上げには絶大な効果を発揮する一方で、以下のような使いにくさがあります。

  • 一日の合計値のみを記録していると、一回ごとの集中時間は記録しにくい
  • 毎回の集中時間をいちいち手入力するのは大変

これらを解決するアプリ「Focus Timer」を使い始めたのですが、これがとても使いやすくて良いアプリです。

シンプルで使いやすいアプリ

スクリーンショット 2018 05 08 22 01 08

アプリの使い方はとっても簡単。

  1. 集中して作業に入る前にアプリを立ち上げて
  2. 記録したい項目画面にスワイプで移動して
  3. スマホを裏返しに置くだけ。

計測中はあらゆる通知がシャットアウトされるので、集中を妨げられることもありません。

終了時はまたスマホを持ち上げるだけで測定がストップします。

途中でどうしても離席したい場合などでも一度スマホを持ち上げれば自動的に計測を一時停止できます。

そこからまたすぐに裏返せば、続きから測定再開するようになっているのもナイス。

スクリーンショット 2018 05 08 22 01 48

初回起動時のチュートリアルもわかりやすくて良いです。

項目ごとに記録を残せる

このアプリの良いところは、項目ごとに記録を蓄積できるところ。

データの計測が項目ごとにできるので、とっても便利。

ぼくは以下の項目で記録を取ってます。

  • ブログを書くのに使った時間
  • 読書時間

あとは勉強時間とかの測定に使うのも良いと思います。

毎回の集中データは自動記録。記録の振り返りも簡単

スクリーンショット 2018 05 08 23 01 39

データの計測と積み上げは自動で行われるので、手作業でどこかに書き出す必要はありません。

データは個別、日別、週別、月別でみることができるので便利。

ちなみにグラフで可視化することもできます。

まとめ:シンプルだけど何ひとつ欠けていない時間管理アプリの決定版。

Focus Timerは自分の作業時間などを管理するのにこれ以上無いアプリ。

グラフなどで振り返り機能も充実しているので、毎日継続するモチベーションにも繋がります。

アプリ単体でも十分振り返りができますが、ぼくはFocus Timerで取ったデータをGoogleスプレッドシートに転記して、

  • 長期トレンドはGoogleスプレッドシート
  • 毎回の個別測定はFocus Timer

というように役割を分けています。

いまのところかなり良い感じに運用できていて大満足。

特に「測定中は自動的に通知がオフになる」というところがかゆいところに手が届いていて良いです。

有料アプリだけど費用対効果はかなり高いと思います。お試しあれ!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II