【11/17朝時点あと102記事追いかけ更新中!

長瀞の天然記念物「岩畳」を歩く。ライン下りだけでなくラフティングもできる!

たのしい旅行記
スポンサーリンク

秩父旅行二日目。

三峯神社からバスに乗って西武秩父駅に戻ってきた我々。

前回の記事はこちら:豪華絢爛、言葉を失う。奥秩父のパワースポット「三峯神社」に行ってきました!

ここからはちょっと足を伸ばして長瀞に移動することにします。

秩父鉄道・御花畑駅から電車に乗って長瀞へ!

180521 chichibu 2018 may 191

西武秩父駅から長瀞駅までは、秩父鉄道で電車で移動できます。

西武秩父駅の端っこまで行くと小さい小道があります。

その道をしばらく行くと、5分くらいで秩父鉄道の御花畑駅に乗り換えることができます。

180521 chichibu 2018 may 192

途中にあったタイ料理店。

店の前にプランターがあって、そこで育てたバジルを料理に使っていて良い感じ。

バジルは育てやすいし使いみちもたくさんあるので、自宅で育てるのいいよな〜。

関連記事:ベランダ菜園で自給自足

180521 chichibu 2018 may 193

5分くらい歩くと線路に出ます。

180521 chichibu 2018 may 194

ここまで来れば御花畑駅はすぐそこ。

180521 chichibu 2018 may 195

と思ったら、いきなり芝桜駅と書いてあってカオス。

「御花畑駅 a.k.a. 芝桜駅」という感じでしょうか。

180521 chichibu 2018 may 196

秩父名物の「みそポテト」なるもののお店もありました。

ポテくまくんの頭、めっちゃたこ焼きっぽい。

秩父鉄道では交通系ICカード利用不可。

180521 chichibu 2018 may 197

秩父鉄道を利用する際の注意点としては、SuicaもPasmoも使えないところ。

180521 chichibu 2018 may 198

というわけできっぷを購入。

新幹線とかならともかく、駅の券売機でこういう切符を買うのってものすごく久しぶりな気がする。

長瀞までの運賃は470円。

180521 chichibu 2018 may 200

秩父鉄道はのんびりしていて良い電車でした。

意図的じゃないかもしれないけど、オレンジとブラウンのシートの色の切り替えがおしゃれ。

長瀞駅に到着。

180521 chichibu 2018 may 201

30分くらいローカル電車に揺られていると長瀞駅に到着。

180521 chichibu 2018 may 204

良い感じのローカル感。

来たことはないんだけど、でもどこか懐かしいような。

180521 chichibu 2018 may 202

180521 chichibu 2018 may 211

駅のホームで、秩父鉄道のローカルヒーローを発見。

SLっぽいキャラがいるとおり、秩父鉄道は東京から一番近いSLに乗れる鉄道です。

昨日登った武甲山の山頂でも、遠くにSLの汽笛が聞こえました。

公式サイト:SLパレオエクスプレス | 秩父鉄道

長瀞と言えばライン下り

180521 chichibu 2018 may 203

180521 chichibu 2018 may 209

長瀞と聞いてまっさきに頭に浮かぶのはライン下り。

駅のすぐ近くに乗船手続きできる場所はたくさんありました。

長瀞駅は「関東の駅百選」の駅

180521 chichibu 2018 may 212

180521 chichibu 2018 may 206

長瀞駅は関東の駅百選認定駅。

180521 chichibu 2018 may 207

駅舎入口の看板もいい感じ。

180521 chichibu 2018 may 208

今はほとんど見られない丸型ポストも現役。

ノスタルジックな雰囲気です。

180521 chichibu 2018 may 205

駅を出ると目の前は寳登山神社の鳥居が見えます。

目指す岩畳エリアはこっちとは反対側なので、いざ駅の裏へ。

おしゃれなカフェもチラホラ

180521 chichibu 2018 may 215

ここが岩畳に至る、長瀞のメインストリート……

のはずが、時間帯が午後遅かったからか妙にガラガラ。

至極快適。

180521 chichibu 2018 may 214

長瀞駅から岩畳までは歩いて5分くらい。

その間にごはん処やお土産屋産、ライン下り受付所がひしめいていて、めちゃくちゃコンパクト。

180521 chichibu 2018 may 213

180521 chichibu 2018 may 216

渋いお店しか無いと思いこんでいましたが、新進気鋭のカフェとかもありました。

「長瀞とガレ」のガレドッグ、190円はめちゃ安。

エメラルドグリーンの水面でチルアウト。

180521 chichibu 2018 may 218

突き当りまで行くと岩畳のある川岸に出ます。

目の前に流れているのは荒川。

長瀞は、昨日PICA秩父に徒歩で向かう途中で渡った荒川の下流側。

180521 chichibu 2018 may 220

写っていませんが、上の写真の左側にもライン下りの受付があります。

すぐ目の前にボートがあるので、乗りたくなったらカジュアルに申し込めるの良い。

180521 chichibu 2018 may 224

対岸の緑を反射してエメラルドグリーンに染まる水面。

非常にチルい。

登れる天然記念物、長瀞の岩畳。

180521 chichibu 2018 may 222

岩畳はその珍しい岩群から、国指定の名勝・天然記念物に指定されています。

しかし天然記念物と言っても柵で厳重に囲われているわけじゃなくて、ふつうに登ることができます。

180521 chichibu 2018 may 217

岩畳の全体像はこんな感じ。

その規模は600メートルにも及び、なかなか広大。

180521 chichibu 2018 may 225

上に登ったところ。

みなもはしずかにゆれている。

180521 chichibu 2018 may 223

岩畳の上を歩いていると、なんだか自分が小さい生き物になって、牡蠣の殻の表面にくっついてる気分になってきます。

ライン下りだけでなく、ラフティングもできる!

180521 chichibu 2018 may 227

180521 chichibu 2018 may 228

ふと川の方に目をやると、上流からボートがチラホラ流れてきます。

180521 chichibu 2018 may 226

てっきり長瀞ってライン下りだけかと思っていたけど、ラフティングもできるんですね。

これは意外な発見。

これはいつかやってみたい!

180521 chichibu 2018 may 229

180521 chichibu 2018 may 230

伸びる猫。

まとめ:長瀞で遊ぶならラフティングもいいね。

勝手な先入観で「長瀞と言えばライン下り」と思っていたので、ラフティングなどの水遊びができるのは意外でした。

このあたりはキャンプ場も多いし、その流れでアウトドアな水遊びができるのはいいですね。

ラフティングなどは現地で手続きしたりすると大変だし時間がかかるもの。

なので、出かける前にぐるたびとかで事前予約して行くとラクチンで良いかと。

次に来るときはアウトドアな遊びをがっつりやりたいなぁ。

関連記事:長瀞駅前・お食事処「若松」の天ぷらは極上のサクサク感。阿左美冷蔵のかき氷もある!

全体の流れ:一泊二日で秩父に遊びに行ってきました!(武甲山〜鍾乳洞〜PICA秩父〜三峯神社〜長瀞)

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II