【9/20昼時点あと91記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

ツイッター公式の「高度な検索」ができるページが便利。ハッシュタグでの絞り込みも可能

効率化, コツ, TIPS
スポンサーリンク

僕はツイッターをメモ代わりに使って情報を集約しています。

そうしていると、たまに数ヶ月前の自分のツイートを探したくなるときがあります。

でも、そういうときに限って毎回「あれっていつつぶやいたんだろう……探せない!」となるのが世の常。

しかしこのたび、このモヤモヤを一発で解決する方法を発見しましたので、記事にしておきます。

「高度な検索」ならシンプルな操作で強力なツイッター検索ができる

180301 twitter search gui 02

今回つかってみたのは以下のページ。

検索はこのページから:Twitterの高度な検索

このページに飛ぶと、上の画像のようなページが現れます。

なんとここから、以下の項目で簡単にツイート検索できます。かなり便利。

  • ユーザ名
  • 単語(キーワード)
  • ハッシュタグ
  • 日付範囲

180301 twitter search gui 01

で、実際に検索してみたのはこちら。

自分のユーザ名(@daaarmus)と日付範囲を入れただけで、サクッと検索結果を返してくれました。

なにこれ、超便利じゃん……!

画面上に用意された項目から検索できるから迷わない。

以前、このような記事を書いたことがあります。

関連記事:ツイッターの過去のつぶやきを検索で抽出する方法。ブログの追いかけ更新に便利!

だけどこの方法って、検索窓に手入力でfrom, since, untilとかの情報を入れないといけなくて、いまいち使いにくかった。

あと、そもそも「そのつぶやきをした時期」がわかってないと使えないし……。

今回の方法のメリットはこんな感じ。

  • 人間の手で「from: 〜 since: 〜 until: 〜」みたいな入力をしなくても良い
  • 単語レベルで全期間を検索できるので、つぶやきの時期がわからなくてもOK

特に検索窓に呪文を入れなくてもOKなのは嬉しいですね〜。

まとめ:超便利なので使い倒していく!

僕自身、ブログで自分の過去ツイートを取り上げて貼り付けることが多いので、このページはこれからも多用していくと思います。

自分の過去ツイートが埋もれてわからなくなっているひとは、この方法で探すと簡単なのでオススメです。

どのキーワードがどの時期にどれくらいのボリュームでつぶやかれているかのデータも取れるので、やり方によっては市場調査(マーケティング)的な使い方もできるんじゃないかな……。

ちなみに今回僕が探していたのは以下のツイートでした。

最近Airbnbをつかった旅行に興味が出てきているので、また旅行したら記事にします!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II