【6/7朝現在あと113記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

衝撃!iPhoneで撮影したスローモーション動画は、「写真.app」の中でスローモーション区間をあとから自由に設定できます!

知っとくと便利なやつ
スポンサーリンク

なにこれ超便利。

衝撃!iPhoneで撮影したスローモーション動画は、「写真.app」の中でスローモーション区間をあとから自由に設定できます!

タイトルで全部書いちゃってるんだけど、iPhoneで撮影したスローモーション動画は、
「写真.app」の中でスローモーション区間を後追いで設定できるって話。

これだけだとわかりにくいので、もうちょっと説明します。

iPhone純正のカメラアプリでスローモーション動画を撮影するときって、
撮影時にスローモーションにする区間の始まりと終わりをそれぞれタップして決めますよね。

ぼくはこれまで、撮影時に決めたスローモーションの区間は、撮影後にはもう動かせないものと思っていました。

それが、「写真.app」内でビデオを開いた画面で、この赤丸で囲った部分をドラッグすることで
スローモーションの範囲が後追いで決められるんです。
具体的にはこの画像のような感じ。
ビデオの下部に軸がふたつあるんですが、このうちの下側の軸にあるふたつのツマミ的なものを
左右にスライドすることでスローモーション区間を自由に変えることができます。

ふたつのツマミの間の時間帯がスローモーションになるようになっているので、
ここを変えればスローモーションの区間を自由自在に変えられるわけですね。

思い込みを超えた、かゆいところに手がとどくような機能を発見すると嬉しい

これまではスローモーション動画は撮影時に完成されていて、
あとでスローモーション区間の変更はできないと思い込んでいました。

でも実際にはそんなことはなくて、スローモーション動画として撮影しておけば、
あとで「写真.app」の中でいくらでもスローモーション区間を自由に変更できる、ということですね。

後追いで動画編集をするには高価な動画編集ソフトがないとできないと勝手に思い込んでいたけど、
無料の「写真.app」内で簡単に編集できる。素晴らしい!

スローモーションにするとなんでも面白く、かっこよくなる

ぼくは今回、花火大会の打ち上げ花火をスローモーションで撮影したんですが、
なんだかそれだけでいい感じになりました。
こういう映像ってうまく音楽と合わせれば、シャレオツなミュージックビデオみたいになりそう。
ピンぼけなんだけど、スローモーションの魔法か、それすらいい雰囲気になっています。(再生すると音が出ます)

まとめ

ちょっとした機能ですが、ぼくは衝撃を受けたので、思わず記事にしてしまいました。
世の中的にはけっこうメジャーな機能なのかな……。

動画を撮影しながらリアルタイムでスローモーションにする区間をタップするのって、
やってみるとけっこうタイミングが難しいです。

しかし、そんなときでもこんな感じであとから手軽に修正できるので、機会がありましたらぜひおためしあれ!

お知らせ。