LIFE

BOSE QuietComfort 20の使用感レビューの巻。「静寂を聴く」という新しい選択肢がここにはある。

前回の記事でBOSE QuietComfortというノイズキャンセリングイヤフォンの外観をレビューしました。

前回の記事はこちら:BOSE QuietComfort 20を購入したの巻。まずは外観をレビュー。 | darmus.net

この記事では実際の使用感、特にノイズキャンセリング機能についてレビューします。

公式サイト:Bose QuietComfort 20 製品概要 | ノイズキャンセリング機能付き | イヤホン/ヘッドホン | Bose ボーズ

ちょっと長いから先に結論を書きますが、このイヤフォン超おすすめです。

BOSE QuietComfort 20の使用感レビューの巻。「静寂を聴く」という新しい選択肢がここにはある。

購入したQuietComfortを、まずはさっそく電車の中で使ってみました。
ふつうに耳に装着して、ノイズキャンセリングをオン。

すると周囲の音がスッと消えて、これまで聞こえていた無数のノイズが消え去ります。
もしもドラゴンボールの精神と時の部屋に入ったら、こんな感じなんじゃなかろうか。
この「ノイズがひいていく」感覚は感動モノです。

このイヤフォンを使うと、改めて「これまでこんなにノイズに囲まれて生きていたのか……!」という事実に驚愕します。

ノイズキャンセリング機能を入れた途端、外界とは切り離される。
ひたすらに静寂。

特にエアコンの音や群衆のガヤガヤ感をはじめとする、一様なノイズのカットには効果的だなと思いました。
それでいて呼びかけ声のように抑揚のあるものについてはシャットアウトされず、ちゃんと聞こえます。
よくできてるなー。

ノイズキャンセリング機能は、ほんとに「聞こえなさすぎて怖い」というレベルの静寂です。
もう少しノイズキャンセリングを抑えたいなーという人は「Awareモード」というのがあるので、これを使うと良いでしょう。

イヤフォンとしても良い音。

ノイズキャンセリング機能はバッテリ駆動。
満充電までの充電時間はたった2時間。
そこから16時間ものノイズキャンセリング機能の連続使用が可能。

もちろん、ノイズキャンセリング機能を使わなくても、ふつうに音の良いBOSEのイヤフォンとしてつかうことも可能です。
ノイズキャンセリングなしのイヤフォンとしてつかう分にはバッテリは消費しないので、こちらには連続使用の制約はなし。

必要なときだけ簡単にノイズキャンセリングをオンできるのは嬉しいところ。

音楽を流さないでノイズキャンセリングをオンにすると静寂だけを楽しめる

このごろはノイズキャンセリングだけをオンにして、音楽は流さないという使い方がお気に入り。

ノイズキャンセリングの凄さに惚れ込んでしまうと「音楽なんてきいている場合じゃない!」って思ってしまう。
せっかくのBOSEイヤフォンなのに音楽を流さないという……!すごい状況。

それくらい、静寂を味わうのが快感ということです。
これが、QuietComfortの一番贅沢かつ最高の使い方なんじゃないかなー。

音楽を流さなくても、このノイズキャンセリング機能だけで、このイヤフォンの代金分の価値はあると思っています。

電車移動時の疲れがものすごく減った

使い始めてから一番意外だった効果は、電車の移動時に疲れなくなったこと。

QuietComfortをつけ始めてからは電車に乗るのがかなり快適になりました。

思えば、電車のなかって線路を走る音、空調の音、イヤフォンの音漏れ、人々のざわめきなどなど、ノイズにあふれています。
これまではそれらのノイズが知らず知らずのうちにストレスになり、体力を奪い去っていたんだなー。

耳から入るノイズというのは無意識レベルで精神を消耗させていくので侮れません。

無音の中、車窓に景色が流れていくのを見るのはとても不思議な感じで、病みつきになりました。

まとめ

上にも書いたとおりこのイヤフォンは少しふつうのイヤフォンとは違うベクトルの凄さがあります。

QuietComfortシリーズは、これまでのイヤフォンになかった「静寂を聴く」という選択肢を提示した初めてのイヤフォンではないでしょうか。

一般的な良いイヤフォンは「もっとこの音楽を聴いていたい」と思わせるものだと思います。
一方このQuietComfortは「音楽なんかきいている場合じゃない!」と思わせる。

現代は自宅にいても冷蔵庫などから発される低周波ノイズ、家から出ればそれはもう無数のノイズまみれ。
そんな環境に浸かりきって生きてきた人類にとって「静寂を聴く」というのはひとつの癒やしです。

QuietComfortでノイズがカットされている環境は極めて快適。
それに慣れてしまうと、イヤフォンを外した途端に耳に流れ込んでくるノイズにどっと疲れてしまうくらい。

「QuietComfort 20」は3万円くらいするので、イヤフォンとしてはまぁまぁのお値段ですが、もしちょっとでも興味のある方はお店で試してみてはいかがでしょうか。
ちょっとお高いですが、その値段以上の価値があるのは間違いなし。
カフェによく行くとか、電車によく乗るとか、飛行機によく乗るという方はおすすめだと思います。

ノイズキャンセリングをオンにした瞬間の「周囲の音がひいていく」感動をぜひ味わってみてください。


このブログと、書いているひとについてはこちらへどうぞ。

紹介したスポットを記事リンク付きでまとめたGoogleマイマップはこちらです。

これまでの旅行記のまとめ記事はこちらから。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。



関連記事

  1. 多忙期の終わり。そろそろ来年に向けてギアチェンジしていきます。
  2. 象印の無料給水ブースが神すぎる…!フジロックにマイボトルを持参し…
  3. いつの間にか身の回りに使わないものが増え始めてきたので、少しモノ…
  4. Walletアプリ(旧Passbook)を使ったJALのタッチ&…
  5. Amazonプライムミュージックが奇跡過ぎる件。これ使わない手は…
  6. BOSE QuietComfortを一番安く買うには、ANA国際…
  7. 先週のまとめ2015#24
  8. 先週のまとめ2015#02

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap

twitterはこちら

PAGE TOP