Feedlyで特定のサイト/ブログを開いた時にウェブサイトに飛ばされる現象の解決法

よきアプリやサービス紹介
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

僕はふだんの情報収集はもっぱらツイッターかFeedlyで行っています。

どっちも一覧性と速報性を兼ね備えていて便利なんですが、使い分けとしては

  • 自分が積極的にチェックしている情報源はFeedly
  • 時事ネタやランダム性の高い情報収集はツイッター

といった感じで使い分けています。能動と受動のふたつのチャンネルがある感じですね。

そんなFeedlyでこのごろちょっとした悩みみたいなのがあったのですが、このたび解決したので記事にしておきます。同じ悩みを持った人のお役に立てれば幸いです。

Feedly - Smart News Reader

Feedly – Smart News Reader
開発元:Feedly Inc.
無料
posted withアプリーチ

元サイトに強制的に飛ばされてしまいFeedly上で記事が見られない

で、そんなFeedlyなのですが、いつからか、登録しているあるブログの記事をクリックすると必ず「相手のサイトに飛ばされて開く」という状態になってしまっていることに気が付きました。

これまではFeedly上で記事が読めていたのに、突然毎回相手のサイトに飛ばされてしまうのはちょっとめんどう。

なによりFeedlyを使った高速での情報収集ができなくなるのはいたい。

そういうわけで、じんわりと解決法を探っていたのですが、先日ようやく設定をミスっていることを発見しました。

Feedlyでウェブサイトに飛ばされてしまう現象の解決法

解決方法は、上の画像のとおり。

特定のサイトの右上の「…」から設定画面に入って、一番下までスクロールして、そこにある「Open in Website Directly」のチェックを外すだけ。

僕の場合はいろいろ設定をいじくっているうちに、いつのまにかここにチェックを入れてしまったようです。

チェックを外したら今まで通りすんなりFeedly上で記事を読めるようになりました。めっちゃうれしい。

まとめ:RSSリーダーはめっちゃ便利なので使おう。

この記事ではRSSリーダーについての具体的な説明はしていないのですが、とにかく便利なので「まだ使ってないよ!」って方はググって使い始めることをおすすめします。

ちなみにうちのサイトのFeedly登録も歓迎してます!

Feedly上での登録は記事下の緑色のボタンを押すか、こちらからどうぞ!

Feedly – Goodbye information overload
Keep up with the topics and trends you care about, without the overwhelm. Make your research workflow efficient and enjoyable.
Feedly - Smart News Reader

Feedly – Smart News Reader
開発元:Feedly Inc.
無料
posted withアプリーチ

お知らせ。

 【a】Uber Eats オーダープログラム
タイトルとURLをコピーしました