MONO

このごろはキッチングッズ強化キャンペーン中。サンクラフトのよさげな菜箸を発見したので購入しましたよ。

この10月はいろいろキッチングッズを手に入れることができました。

関連記事:柳宗理のステンレストングを購入しました。シンプルで美しいデザインに大満足。 | yawn
関連記事:かなり最高なスプーン、ナイフ、フォークを手に入れました! | yawn

そんな流れの中で、10月の最後にはなかなかナイスな菜箸をゲットすることができました。

このごろはキッチングッズ強化キャンペーン中。サンクラフトのよさげな菜箸を発見したので購入しましたよ。

これまで我が家にあったの菜箸はよくある竹のものでした。
でもあれって、ちょっとずつ汚れがついて目立ってくるんですよねー。
汚れが目立ってくると、定期的に新しい物に交換しないといけなくって、長く使えません。

基本的には気に入ったものを長く使い続けるスタイルが好き。
なので、交換の必要がないしっかりした作りの菜箸があったら良いなーと思っていました。

そんなわけで、このごろは以下の項目をポイントに、ナイス菜箸を調査していました。

  • 使い込んでいっても汚れたりカビたりしない
  • しっかりした強度があって長期間使い続けられるものがよい
  • 鍋とあたる音が気になるので、ステンレスは避けたい
  • 油をつかったりして温度が高くなっても安心できるようにシリコンは避けたい

そういう条件で探して行ったところ、ピッタリの菜箸を見事発見!

今回購入したのはサンクラフトのもの。
おしゃべりbistro|株式会社サンクラフト – SUNCRAFT|キッチンツール、子供用包丁、ピーラー、スライサー

サンクラフトの菜箸はここがナイス。

購入してからしばらくつかっておりますが、この菜箸はナイスポイントに溢れております。

まずはデザインがシンプルなところがグッド。
表面は漆塗装されていて、それ以外はロゴが小さく入っているだけです。
木の質感がそのまま出ているのが良いですなー。
先の方は凹凸加工されていて、具材がつかみやすくなっています。

いまは使い始めなので先端の部分が直角に切り落とされていますが、これから使い込むことで丸っぽくなっていくはず。
その頃には、いっそう手になじんでいることでしょう。
おしりのところはこんなふうに小さいスプーン的な感じになっています。
ちょっと塩をすくって入れる時とか、味見する時とかに使うと良さそうです。
こういうアイデアはありそうでなかったかも。

使われている木の素材もみっしり固くてしっかりしていて、それでいて軽い!

装備が整ってくるにつれて、また自炊欲が高まってきております

春先まではキッシュを焼いたりパンを焼いたりしていたんだけど、このごろは新しい料理にチャレンジできていなくて、ちょっともどかしいところ。

夏の間はぜんぜんパンも焼けてないし、オーブンも使っていなかったです。

とはいえ、いろいろキッチン周りの装備は整ってきているので、これからバンバン活躍してもらうつもり。

これから寒くなってくるので、外に出かけなくなるぶん家で温かい料理をつくって食べたいなー。
いままでつくったことのない料理にチャレンジしてみて、料理の記事をたくさん書いていきたいと思っております。


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. イッタラ(iittala)のお皿、オリゴ(Origo)を手に入…
  2. MacのTime Machineの調子が悪い件。HDDの寿命?
  3. デロンギのオイルヒータを購入したの巻。空気が乾燥しなくて最高に快…
  4. HHKB BTの使用感を徹底レビュー。深めのストロークが生み出す…
  5. ニューバランスの576赤を購入したよ。街中で人と被らない色づかい…
  6. バードエコー(Bird Echo)がうちにきたよ
  7. イタリアの牛革をつかったpiccino(ピッチーノ)の高級ブック…
  8. 「パンとごはんと…」のしましまのお皿を買いました!

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP