【5/20夜現在あと106記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。
今日は武甲山に登ってキャンプなので一回休み。明日からまたたくさん書く!

Evernoteのノート管理をノートブックベースからタグベースに完全移行したの巻。

ナイスなアプリやサービス
スポンサーリンク

先日書いた記事の続報です。
前回の記事はこちら:Evernoteのノートブック数が上限の250に到達。タグベースの管理への移行を模索するよ! | yawn

「-tag:*」の検索結果を保存しておけば、すべてのタグ付けしていないノートブックが一発で抽出できる

タグベースの管理に移行する上でいちばん不安だったのが、Inbox的なノートブックをどう実現するかというところでした。
言い方を変えると「まだタグ付けしていないノートをどのようにまとめておくか」ということ。

コレは、「-tag:*」の検索結果を保存しておけば解決するということがわかりました。
全ての未タグ付けのノートは自動的にこの検索結果に含まれており、タグ付けした途端にこれまた自動的にここから消えて然るべきタグのもとに移っていく。

この操作感、超快適で素晴らしいです。

ノートブックはひとつだけでOK

はじめは「タグ付け済み」と「未タグ付け」のふたつのノートブックが必要かと思っていたんですが、上記のとおり「-tag:*」の検索結果を保存しておくことでノートブックという概念は不要になりました。

で、その結果、もはやノートブックはひとつもいらないんですが、構造的に全てのノートは何かしらのノートブックに所属していなければならないので、便宜的にひとつだけノートブックを持つことにしました。

タグ付けされていようがされていまいが、全てのノートはこのノートブックに入ります。

欲を言えばいっそのことノートブック数はゼロにしたかったですが、まぁ、これもシンプルで良いです。

同期にかかった時間は丸一日くらい

ちなみに同期にかかった時間は、ノート数45,000で丸一日くらいでした。
自分側の回線というよりは、Evernote側のサーバがボトルネックになっている印象でした。

まとめ

てなわけで、Evernoteの全てのノートをノートブックベースからタグベースへの管理に切り替えたというお話でした。

上の画像は現在のぼくのEvernoteのタグ一覧画面。ポイントとしては……

  • ノートブックは「00」という名前のものがひとつだけ。ここに45,000を超えるノートがすべて入る
  • ショートカットの一番上には「-tag:*」の検索結果を保存し、タグ付けしていないノートはすべてここに入るようにする

このふたつのポイントさえ抑えてしまえば、あとはノートブックでの使い勝手とほとんど同じ。

各ノートはタグ付けしたその瞬間、「-tag:*」の検索結果から自動的に各タグのもとに移動します。
ノートブックの名前がタグの名前に置き換わっただけで、ドラッグでノートの移動もできるし、使用感は以前と全く変わりません。

もちろんタグだとノートブックのような250という上限はないので、より使い込むことができるのも良いです。

やってみると快適この上ないので、ノートブック数が上限の250に達してしまって困っている方はタグベースの管理をためしてみてくだされ〜。

お知らせ。