【10/23夜時点あと86記事追いかけ更新中!

厚切り食パンでパングラタンをつくってみました。ホワイトソースも自作するよ!

DIYな自炊プロジェクト
スポンサーリンク

先日手に入れた、Gran Mahorobaの食パン。

半分は普通にトーストとして食べましたが、残りの半分はやりたいことがあったので残しておきました。

関連記事:Gran Mahorobaの食パンを手に入れました!

ずっと前から、厚切り食パンでパングラタンをつくってみたかった。

カットされていない丸のままの食パンを手に入れたら絶対にやりたいと思っていたこと、それは、食パン自体を入れものにしたパングラタン

というわけで、ホワイトソースから自前でつくってみました。
以下、その模様を写真とともにお伝えします。

ちなみにこのクックパッドのレシピを参考にしました。
市販の食パンで簡単♡豪華!パングラタン! by うきょこたん [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが205万品

パングラタンの材料

  • 食パン 分厚いもの
  • ソーセージ お好みで
  • ブロッコリー お好みで
  • バター 10gくらい
  • 小麦粉 大さじ1くらい
  • コンソメ キューブ1つくらい
  • 牛乳 200mlくらい
  • ミニトマト お好みで
  • チーズ お好みで

パングラタンのレシピ(写真付き)

今回は1つ分しか作っていないので分量などは違いますが、作り方はほとんど上で紹介したクックパッドレシピのとおりです。

まずはパンをスプーンなどで削って器を作る

今回使ったパンはこのくらい。もともとの半分くらいの厚さですかね。

まず、パンをえぐってお皿的なものを作ります。
包丁とかスプーンを駆使して掘ってみてください。攻めすぎて底を貫くと終了なので、そこは気をつけて。

フチは1.5cmくらい残しておいたほうが構造上安全ですが、あんまり余裕を残すとグラタンがあんまりはいらないので、ここは欲張ってもいいでしょう。

小麦粉と牛乳でホワイトソースをつくる


お次はホワイトソースづくり。

バターをフライパンで溶かして、そこにソーセージと下茹でしておいたブロッコリーを入れます。

火が通ったら、小麦粉を入れて、全体になじませます。

そしたらすぐに牛乳を入れます。コツはちょっとづつ入れること。

煮立ってきたら、ちょっとづつ牛乳を足す、というのを繰り返して、ちょうどいいモッタリ感になるようにします。
小麦粉はダマにならないようによくかき混ぜるが吉。

最後にコンソメキューブを入れたらグラタン部分は完成!

初めてこうやってグラタン的な部分を作ったけど、あっという間にできますね。
こんなに簡単に作れるなら、もうホワイトソースとか買わなくても良さそう。

今回はパングラタンひとつ分で、そんなにグラタン部分が入らなそうだったので、ちょっとだけしかつくっていませんが、できるのであれば玉ねぎとかも入れて、もっと具材を増やしても良いと思います。

具材は多いほうがおいしくなるし、ホワイトソースをつくりだめしておけばあとでグラタンとかドリアとかにも応用できるしね。

パンのくり抜いた部分にホワイトソースを流し込む

グラタン部分を、パンの穴に入れていきます。
適当につくったけど、分量的にはちょうどよかった。

クックパッドのレシピにはありませんでしたが、ぼくはミニトマト大好きなので、勝手にアレンジしてミニトマトも入れました。

オーブン料理は赤とか緑の色合いが足されると、グッとおいしく見えます。
トマトって焼くとおいしいし。

最後にチーズをこれでもかってくらい乗せて、オーブンにゴー!
今回は予熱なしで、200℃で15分間焼きました。

できあがり!ミニトマトで色味を追加したのは正解だった

オーブンから出したところ。

この時点で、自分の予想を遥かに上回る出来です。すっごくおいしそうだな〜。

こうしてみると、ミニトマトをのせたのは英断でした。ビジュアル的にかなり良い感じ。

緑がみえたほうがもっとおいしそうに見えるので、ブロッコリーも上にのせる感じにすればよかったかも。
とはいえ、文句なしのおいしそうな見た目!!

いざ実食!チーズとホワイトソースがトロトロ!


包丁を使って縦に切ってみたところがこちら。
断面はこんな感じにチーズとホワイトソースがとろけていて、ものすごくテンション上がりました。

肝心のお味の方は、見た目通り。ものすんごいおいしかった。
焼いたことでパン部分もカリッカリになっているので、グラタンに浸っている部分は非常にカリ旨な感じ。

あとはトマトも焼かれることでジューシーさと酸味が絶妙のバランス。
パンとチーズに合わないわけがない。

ちなみに今回はホワイトソースを作る時にコンソメキューブをまるごと一個入れたんですが、これだと人によっては少し味が濃いと感じるかも。
でも、意外とパンに入れて食べてみるならこのくらいの強めの味付けのほうがマッチするかもな〜という気もします。

このあたりはお好みで調節してみてください。

まとめ

パングラタンはぼくでもこうして作れるくらいなので相当簡単な部類の料理だと思います。
しかし、簡単な割には見た目が最高な上に、味はとてつもなくおいしいという最高の料理であることがわかりました。

ホームパーティーとかイベントに合わせてつくってみてもテーブルが華やかになってたのしいと思うので、ご自宅にオーブンをお持ちの方はぜひ試してみてください〜。

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II