【7/17昼現在あと120記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

ほうれんそうときのこのキッシュを作ってみた!今回の反省点と次回試そうと思っていること。

DIYな自炊プロジェクト
スポンサーリンク

第2回のキッシュづくり。具材はほうれんそうときのこにしてみました。
しかし今回は色々失敗もあり……。メモがてらここに書いておきます。

ほうれんそうときのこのキッシュを作ってみた!今回の反省点と次回試そうと思っていること。

ちなみに第1回のキッシュづくりの記事はこちら。
じゃがいもとブロッコリーと玉ねぎでキッシュを作ってみた! | yawn

第2回目の今回は、一言で言えば全体的にちょっと水っぽく、味が薄ぼんやりとしてしまいました。

若干失敗ぎみだったけど、備忘録としての今回の材料(2皿分)

  • たまねぎ 1玉
  • ほうれん草 3束
  • しめじ 1株
  • じゃがいも 2つ
  • えび(冷凍) 6尾
  • ベーコン(のこり物) 10g
  • 牛乳 100ml
  • 生クリーム 200ml
  • チーズ 30g

今回はベーコンを表面にパラパラッとやってみました。見た目的には赤が増えてかなりグッド。
前回と同様、石窯ドームで180℃、25分。焼き上がりはこんな感じ。
薄々予想はできていましたが、ベーコンはちょっと焦げました。次からは中に混ぜ込む!!
個人的には、全体的に焼き目がしっかりしている方が好きなので、もうちょっと長く焼いてもいいのかもね。
ベーコンを表面に置かなければ、それも可能かも。
えびはちょっとでも入っていると嬉しい♪

今回のレシピの中で試してみたこと

  • 底に敷くじゃがいもを薄切りにした
    じゃがいもを底に敷くのは同じだけど、前回よりも薄切りにして層になるようにしました。食感がよくなるかなと。
    これは好みの問題もあるけど、個人的にはなかなかよかった。
    じゃがいもの下処理はいまはレンジでチンするだけだけど、
    それだけじゃなくて、うまいことここに味をつけるといい感じになりそう。

2回目のキッシュづくりでわかったこと。

1回目、2回目でやってみて、今の時点で感じていること。

牛乳を入れ過ぎるとカリカリにならない

前回から感じていたことだけど、やっぱり牛乳を入れ過ぎると
全体的に水っぽさが出てきてしまうので、カリカリにならない。
味が薄まる要因にもなっているみたいだし、ここは要改善。

味付けの塩加減が難しい

勝手にいま思っているのは、キッシュの味付けの要は塩加減、ということ。
このへんをうまい具合にやる術がまだ身についていません。
特に今回のレシピだとそれ以外に塩加減を出すものはあまりないので、ますますここが重要。

アンチョビとかベーコンをしっかり入れるならそこから味が出ると思うけど、
少なくとも今回の材料では、ベーコンも冷蔵庫ののこり物だったから沢山入れたわけでもないし。

味がバシッとまとまると一気においしくなると思うんだけど、
今日つくったキッシュではそこがもう一歩うまくいかなかった。

まとめ ― なんだかんだで試行錯誤の研究過程は楽しい

今回はちょっとうまくいかなかったけど、やっぱり何かをつくって食べるのは楽しい!
次回は牛乳を減らしてつくってみようかと思っております。

今回の失敗をきっかけにようやくいろんなレシピを調べはじめたところ、
牛乳を使っていないレシピもたくさんあるようなので、次回は試しに牛乳なしでつくってみてもいいかも。
個人的には固めでミッシリしているキッシュが好きなので、ぜひ試してみたいなー。
あとはチーズを変えてみてもいいかもなー。

レシピ本を買って、それを片っ端からやってみるのもいいかもね。それも検討中。

色々考え始めると妄想が広がって、なかなか楽しいです。次回、再チャレンジ!

お知らせ。