【7/17昼現在あと120記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

象印の炊飯器を買って8年ぶりに米食生活を再開したの巻。

日常がグッと良くなるモノ
スポンサーリンク

我が家は炊飯器なしの生活をこれまで8年くらい続けていたんですが、このたび買い戻すことにしました。

メーカーはいろいろ悩んだ……というわけではなくて、わりと即決。

もうこの分野で全面的に信頼を置いている象印をポチりました。

気がついたら炊飯器がないまま8年くらい経過してた

前回の引っ越しのタイミングでこわれてしまってから、なんとなく買わないまま過ごしてきたもの、それは炊飯器。

炊飯器が無いとめっきりお米を食べない生活になるわけだけど、それなりに生活は回る。

だけど、ちょっと不便だな〜と思うこともあって。

たとえば、お米の代わりになる主食にはパンとか麺類とかいろいろあるけど、それだとやっぱり毎日のレパートリーを考えるのは大変。

しかし炊飯器と米があれば「とりあえずお米炊いておこう」と思えるし、実際お米さえあればなんとでもなる。

その素晴らしさはやっぱり他の主食にはないものでした。

サイズは3合炊きにしました

サイズはちょうどよいサイズの3合炊き。

がっつり炊いて冷凍庫パターンも良いんだけど、あんまり冷凍好きじゃないので。

おとなしく毎回食べる分だけ炊くスタイルで生きていこうと思っています。

3合ならとりあえず普段づかいでこまることはなさそう。

まとめ: 離れてみてわかるお米のすばらしさ。

180305 zojirushi suihanki 01

よくよく考えたら、お米ってやっぱり超優秀。

  • まとめて何キロも買える
  • どんなおかずにも合う
  • 保存もしやすい

今回の炊飯器ナシ生活を通じて改めて身にしみました。

いろいろ炊き込んで、完全食っぽい炊き込みご飯とかも極めていきたい。

またなんかあれば記事にします!

お知らせ。