【11/10朝時点あと96記事追いかけ更新中!

道の駅とみうら枇杷倶楽部 ― 道の駅グランプリを獲得した道の駅は、規模、設備、環境、そのすべてが桁違い。名物びわソフトは絶品!

たのしい旅行記
スポンサーリンク

8月に北海道で車中泊旅行した際に、いろいろな道の駅を回ってきたわたくし。

その経験を踏まえてあらためて見ると、実家の近くの道の駅は超すごいことがわかりました。

道の駅とみうら枇杷倶楽部 ― 道の駅グランプリを獲得した道の駅は、規模、設備、環境、そのすべてが桁違い。名物びわソフトは絶品!

道の駅とみうら枇杷倶楽部は、千葉県の南房総市にあります。
チーバくんで言うところのむこうずねのあたりですね。
道の駅とみうら 枇杷倶楽部 -千葉県南房総市-

この道の駅は、千葉県の東京湾側を伸びる国道127号線沿いにあります。
道の駅以外にも別棟で物産店やおみやげ屋さんなどなどが併設されているので、なかなか広いです。
付近に駐車場もつくってありますが、この日は来ているひとが絶えず、車でいっぱいでした。

館内は設備も充実。おみやげゾーン、写真展ゾーン、ソファゾーンのほか、カフェなどもあります。

ソファゾーンでは自由に休憩でき、本棚の本を手にとって眺めることもできます。
この空間は窓が大きく、巨大なサンルームみたいになっているのでとっても居心地がよかったー。

カフェはこちら。建物の裏側にテラス席が出ているので、そこでごはんを食べることもできます。

ここの名物はびわソフト。びわの果肉が練りこんであって超濃厚でうまい!
その他、ジェラートも種類がたくさんありました。

上を見上げると吹き抜けになっていて、かなりの解放感!
建物の頂上部は展望台になっていて、螺旋階段で上まで上がることもできるようです。

道の駅の裏手には川が流れており、癒やしのスポットになっています。
この日は雨の後だったからか川は少し濁り気味でしたが、天気も良かったので子どもたちがフィーバーしていました。

川の向こう側には南房総の原風景が広がっています。川は歩いて渡れるので、散歩してもいいかも。
写真には写っていませんが、川の向こうの右奥の方にはいくつか施設・店舗があって、イチゴ狩りとかもできるみたい。

この道の駅は道の駅が日本全国に出来始める前の黎明期からあり、
道の駅グランプリ2000で最優秀賞を受賞しています。それも納得の規模と設備、環境。

ちょっとした庭もあったりして、季節の花が咲いていました。

道の駅の裏手、川沿いから見上げたところ。

いい天気だったので、ほんとにきもちよかった〜。

まとめ

ここは道の駅文化が全国に本格的に浸透する前の1993年から設置されている道の駅。

ともすると先発の施設は古くなりがちですが、ここは規模を少しづつ大きくしながら、
どんどん新しいことにチャレンジしているところがいい感じです。

アクセスしやすい国道沿いにありながらも、ちょっと歩いていけば海もあるし、裏手は川と山。
ここまで立地環境に恵まれた道の駅はなかなか無いようにも思います。

名物のびわソフトも期待を裏切らないおいしさだし、
館山自動車道を通って南房総に向かう場合の玄関口である富浦インターチェンジからもすぐ。

お近くに立ち寄った際は寄ってみてはいかがでしょうか。おすすめです!

関連ランキング:ソフトクリーム | 富浦駅

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II