杜仲茶の純度を100%にしてみたよ。香りが特徴的だけど渋みもなくてうまい!

たのしい生活

お茶を飲むのが好きなもんで、これまでにもいくつかお茶に関する記事を書いてきています。
あたらしいお茶を試すのたのしいな〜。

ちなみにこれまでのお茶に関する関連記事はこんな感じ。

今回は純度100%の杜仲茶を飲んでみました。
どんな味がするかと思いきや、意外と飲みやすくておいしかったー。

スポンサーリンク

杜仲茶の純度を100%にしてみたよ。香りが特徴的だけど渋みもなくてうまい!

今回購入したのは、小林製薬の杜仲茶。
ノンカフェインなのも嬉しいところ。

前に購入して飲んでいた杜仲茶は烏龍茶、はぶ茶、玄米、はとむぎなどのブレンド茶でしたが、これは正真正銘のシングルオリジン。
まじりもん無しの上物です。

さっそく箱を開けてみると、ティーパックがたくさん入っているとおもいきや、こんな感じの袋が4袋くらい入っております。

この袋、外箱と同じくらいのサイズでめっちゃでかい。

この袋をさらに開けてみると、ここにティーパックが入ってました。
たしかに飲み切るまでに結構時間がかかるから、こうやってある程度の単位で密閉包装されていると品質が維持できて良いかも。

と、袋を開けたことで、ここで初めて杜仲茶の香りが鼻まで届いてきます。
なんとなく事前に想像してた香りとは違って、どこか土っぽいような、でもスッとするような、いままで嗅いだことのないような匂い。

前回のブレンドものでは他のお茶の香りであんまりわからなかったけど、これが杜仲茶の香りか〜。

そんなわけでさっそくつくってみたのがこちら。

色味はぜんぜん普通。
香りもティーパックを直接嗅いだ時よりは軽くなっているけど、でもやっぱり片鱗を感じるかな。
でも全然エグくて飲みにくいとかそういう感じはなくて。むしろ当初想像していたよりも全然飲みやすいです。

まとめ

杜仲茶100%のお茶を初めて飲んだけど、思っていたよりは飲みやすかったです。
もっと強烈にエグいとか、渋いとか、そういう想像だったけど、全然大丈夫でした。

普通のお茶よりは少しクセがあるけれど、でもだからこそというべきか、なんだか無性に身体に良さそうな感じがします。

飲んでいるとけっこうおいしいし、後味もさっぱりとして涼しげ。
杜仲茶は肥満やダイエットに効果的なようなので、そういう目的で飲む場合でもこれなら毎日継続的に飲めるんじゃなかろうかと思います。

ご興味わいた方はレッツチャレンジ!

お知らせ。