【12/9昼時点あと90記事追いかけ更新中!


谷川岳ロープウェイに乗って天神平へ!ゲレンデコースを散歩してきたよ。

たのしい旅行記
スポンサーリンク

前の記事で、谷川岳の一ノ倉沢のふもとまでトレッキングした我々。

前回の記事はこちら:谷川岳ロープウェイから湯桧曽川沿いに一ノ倉沢のふもとまで歩いてみたよ。山のスケール感はすごい!

一ノ倉沢出合までトレッキングしたあとは、再びスタート地点である谷川岳ベースプラザまで戻ってきました。
今度はここからロープウェイに乗り、もっと標高の高い天神平方面にいってみることに。

谷川岳ロープウェイに乗って天神平へ!ゲレンデコースを散歩してきたよ。

一ノ倉沢出合からテクテクと歩くこと20分くらいで、もとのベースプラザに戻ってくることができました。

ここからロープウェイが出ているので、今日はこれからこれに乗って天神平、さらにその先の天神峠まで行ってみたいと思います。

ロープウェイのふもと駅の名前は土合口駅。

ロープウェイ乗り場の迫力がすごかった!

上に見えている小さいタイヤみたいなやつらがグワングワンとまわっていて、じゃんじゃんロープウェイを動かしています。

ロープウェイに乗ってしまえばあとはラクチン。
天神平駅はあんなにはるか遠くに見えます。

これを自分で登るとなると、とんでもない距離だよね……。ロープウェイ万歳。

天神平からはスキーのリフトに乗り換えます。

天神平に到着!
ここの標高は1319メートルとのこと。

谷川岳山頂まで3.5キロと言われると、やたら近い気がしてしまう。

天神平に到着すると、そこからさらにスキーリフトが。

このリフトに乗り換えて、さらに高いところにある天神峠に向かうことができます。

スキーのリフトに乗ってさらなる高みへ。

このタイプのリフトって前にロックがないのでちょっとびっくりしましたが、それもそのはず、頑張って伸ばせば足が地面に付きそうなくらい低いリフトでした。

リフトで登った先が天神峠。
ここには展望台と天満宮がありました。

この天満宮の鳥居の向こうには小さな祠がありますが、ここからは湧き水が出ています。

谷川岳山頂方面には向かわず、ゲレンデコースをお散歩します

天神峠からは尾根をつたって谷川岳山頂を目指すことができます。

しかし今日は谷川岳登山はせずに、天神峠から天神平へ下るゲレンデコースをお散歩することにしました。
このゲレンデコース、花がたくさん咲いていてオススメ。

こちらは紫陽花みたいな花。

これは何ていう花だろうか……

これは知ってるー!シシウド!

これはわかんない……。

まとめ

天神峠からのゲレンデコースの下りは、花がたくさん咲いていて歩いていて気持ちよかったです。
ほんとうはもっと植物や花の名前がわかるようになると、もっともっとおもしろくなると思う。

これからちょくちょく山にも行こうと思っているので、少し勉強してみようかなーと思っています。

次の記事はこちら:群馬県川場村にある道の駅「川場田園プラザ」が常識はずれの規模とクオリティだった件

谷川岳日帰りトレッキングの記事一覧はこちら:2016年夏 谷川岳 日帰りトレッキング 記事まとめ

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II