ブラジリアン酒場デビル ― 渋谷センター街にあるシュラスコ酒場!

おいしいお店とカフェ

ついにシュラスコデビューしました!

スポンサーリンク

ブラジリアン酒場デビル ― 渋谷センター街にあるシュラスコ酒場!

渋谷のセンター街の交番横のビルに、肉横丁というところがあります。
2階のフロア全体が店舗ごとに細かく区切られていて、そこに肉関係の店が17店も集まっています。
今回行ってきたお店デビルはそこにありました。さっそく入店!

コースターはこんな感じ。ヒュー!
内装はちょっとDIYな感じ。雰囲気は砕けていて、だいぶ入りやすい感じです。
お通し的なもの。もやしナムル的なものでした。
さっそくお肉を注文。はじめに出てきたのはコラソン(鳥のハツ)。
これほんとおいしい!一粒で300メートルくらいお酒がすすむ。
続いて2種類のお肉を注文。手前はポルコ(豚)、奥がアルカトラ(牛ランプ)。
酸味の効いたソースがついてきますので、これをかけて食べます。
お肉のお皿ごとに野菜がついてくるのが地味に嬉しい。それにやっぱり野菜成分があると見た目がいいですね。

前に家でやったチキンは緑がなくてかなり殺伐としていたので……。
チキンとカラフル野菜のオーブン焼きを作ってみたよ | yawn

ポルコは見た目に反して脂っぽくなくて、旨味が凝縮されている感じ。
アルカトラはこのソースがあう!噛みしめるほどに無限に味がにじみ出てきます。

どうでもいいけどこのへんでメニューにフランゴっていうのを発見して、
一瞬フラミンゴが食べられるかと勘違いしてすんごいテンションぶちあがった。

続いて頼んだのはピッカーニャ(イチボ)。
そしてディアボ(サガリ肉)。
このへんのお肉って焼肉でも出たりするけど、シュラスコだと野性味あふれる感じがして全然違います。
最後に頼んだのは焼きチーズ!
かなりしっかりしたチーズで、クセがなくて食べやすかった。

肉々しい気分の時にぜひ!

店内は4人掛けのテーブルが5つくらい。さらに奥にはカウンター席もあるので、お一人様でもOKな感じ。

ひと皿400円くらいでいろんなお肉が楽しめるし、
一皿あたりのボリュームもちょうどいいので、何種類か食べ比べることができて楽しいです。

ふらっと立ち寄って、一軒目的に使うこともできると思います。

ライトな感じと食べごたえが両立しているので、
もしフジロックの屋台とかで出てたらかなりブレイクするんじゃないでしょうか。

渋谷でちょっと肉々しい気分になった時にはデビルがおすすめ!

関連ランキング:ブラジル料理 | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

お知らせ。