BLOG

変化を記録する場所があるからこそ、変化できる

先日、ブログのドメインを向こう9年分一括で払ったんですが、そのときにすこし考えたことについて。
関連記事:ブログドメインを向こう9年分まで更新したの巻。未来はもっとおもしろくなる。 | yawn

自分の価値観を意識して言語化するようになったのはブログをはじめてから

このブログではよく「変わっていくことは良いこと」「失敗するが価値」みたいなことを書いています。

しかし、考えてみると、ぼく自身、こういう考えをむかしから持っている人間ではありませんでした。
「自分はいつからこういうことを言い出したんだろう?」と考えて遡ってみると、それはごくごく最近になってから、ということに気が付きました。

で、もう一歩「どうしてそういう考えが出てくるようになったのか」と考えてみると、それはブログを書いているからなんじゃないかな、と思ったわけです。

変化を記録する場所があるからこそ、変化できる

ぼくにとってこのブログはすんごくいろんな意味があるんだけど、大きなものとしては「変化を記録する場所」という役割があるように思います。

きっとブログをやっていなかったら、こういう考えは持たなかったんじゃないかなーと。

やっぱり、変化を記録できる場所があって、そこに今の自分の考えを書いていられるから、それをもとに次の思考を得られているんだと思います。

そして、「過去の自分を安心してアーカイブしておける場所」があるから、躊躇なく新しい考え方に身を投じる事ができるんじゃないかとも。

ブログを軸足に、まるでバスケットのピボットみたいに、実験的にいろんな考えの可能性を探ってみることができる。

これはブログを始めて得られたおおきなメリットのひとつなんじゃないかな。

まとめ

170719 record and change 01

最近良く思うのは、変わっていくことのハードルっていうのは、もっと低くていいってこと。
もっとブレまくって、ぐっだぐだになってもいいんじゃないかな。

はじめからうまくいくはずなんてないんだから、間違っていたら気がついた瞬間から方針転換すればいい。
そのときにいちばん良いと思う方向を向いて歩いていけばいいだけなんだから。

はじめから最短距離とか効率とか考えちゃうあまりに、一歩も踏み出さずに止まっているのがいちばんもったいない。

なんていうか、もっとみんなそれぞれ、場当たり的に自由気ままに好き勝手生きていって良いと思うんだよね。
それを許容できるくらいには豊かな社会に生きているはずで。

周りの人の目が気になって変われないのが、いちばんもったいないこと。

そういうふうにひとの目が気になるってひとは、ブログをはじめてみたら良いと思う。
ブログは自分をさらけ出してなんぼだし、変化をブーストさせるには最高の装置だと思うので。


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. 「たかが」は自分を客観的な立場に置くためのキーワード
  2. 自分を評価してくれる人間の範囲はできるだけ広くとったほうが良い
  3. 「ブレ」の正体は無意識に自分が持っている別視点
  4. もっと日記テイストの記事も書いていきたいなと思っているという話。…
  5. ブログは「なつやすみの自由研究」の集合体だ
  6. 自分の身体で体験せずに「わかった気になる」ところから老化がはじま…
  7. ブログをはじめて一ヶ月が経過。いま思うこと
  8. ポップコーン以上に映画館にマッチする食べ物を考察するの巻

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP