MONO

Bluetoothレシーバーをつかってスピーカーを無線化したら音楽生活に革命が起きた件

最終更新日:2017/10/08

2015年に、BOSEのCompanion 2というスピーカーを手に入れたという記事を書きました。

関連記事:BOSE Companion 2とMacBook Proの組み合わせでiTunesで音楽を聴く場合のイコライザ設定を変えてみたらかなり最高な感じになった | yawn

これを手に入れてからというもの、自宅の音楽生活の質がかなり向上しております。
自宅で音楽を聞くのが楽しくてしょうがない。

しかしこのたび、Bluetoothのミュージックレシーバーをつかってスピーカーを無線化したら、ミュージックライフがよりいっそう最高になりましたよ、というお話です。

いま使っているスピーカーの唯一の不満点は「有線」である点でした

2015年にBOSEのスピーカーを手に入れてからというもの、PCで音楽を聴く場合はこのスピーカーを使ってきました。

一年近く使ってきて音質にはまったく不満はないけれど、ひとつ不満だったのが有線である点でした。

有線だと、せっかくノートPCをつかっていてもケーブルの呪縛から離れられない!

そのため、自宅の中の好きなところで作業したいと思う気持ちと、スピーカーからいい音を流していたい気持ちの間でジレンマを抱えておりました。

その状況を打破すべく、今回ついにスピーカーの無線化を決意。

ちょっと調べてみたところ、いろんなメーカーから有線スピーカーをBluetoothで無線化させる機器が販売されていることがわかりました。

そんなわけで幾つか候補を挙げて検討し、最終的にプリンストンのBluetooth対応ワイヤレスオーディオレシーバーPTM-BTR1を購入しました。

公式サイト:PTM-BTR1 | ミュージックレシーバー | 製品案内 | 株式会社プリンストン

このミュージックレシーバーはサイズがとても小さいのが素晴らしい!

サイズはみてのとおり。iPhone 6と比べるとこんな感じ。

おまけに本体重量たったの32g。

これだけ小さいので、どこにおいても邪魔になりません。
スピーカーの近くはもちろん、小さいので人目につかないところに置くこともできます。

ぼくは目立たないように機器の裏側に置いています。
Bluetoothだから遮蔽物があると切れちゃうかな?とも思いましたが、特に問題なし。

音質には大満足。音がブツブツ切れることもなし

こだわろうと思えば無限にこだわれる音質の話ですが、そもそもわたくしめ、MP3化した音源を聞いているので、そこまで音質へのこだわりはございませぬ。

ふつうにつかう分にはまったく問題ないと思います。
ブツブツ切れるってこともなし。

接続可能距離は10メートル。自宅での使用ならよほどのことがなければ不自由しない

接続可能な距離は10メートルまでとのこと。

自宅での使用ならばこれくらいあれば充分ではないでしょうか。
庭で聴くぜ!とか、上の階の部屋からとばすぜ!って場合はアレかもだけど。

そもそもBluetooth自体が近距離での通信用の技術なので、あんまりそこを求めても仕方ないような感じもします。
新型の機種を見ても通信距離は10メートルとなっていました。

同時接続できる機器は1台まで。登録自体は8台まで可能

ちょっと注意なのは、同時ペアリングできる台数は1台までという点。

再生元の機器が変わる度にペアリングをし直す必要があるので、そこはちょっと面倒かな?

ペアリング自体は一瞬で、特に手間取ることもなくできます。
なので、慣れれば特に問題ではないかなーと思います。

ちなみにペアリングする機器の登録自体は8台までできるとのことです。

スピーカーを無線化すると音楽生活に革命が起きる

スピーカーをBluetooth対応させてからというもの、自宅でのミュージックライフは快適になりました。

ベッドの中からでもスマートフォンから曲を流せばパワフルなスピーカーから曲が流れる!
スピーカーケーブルの呪縛からも解き放たれるので、自宅の好きな場所で作業できる!

いままではPCからばかり音楽を流していましたが、有線から無線になったことでスマートフォンや別の機器からもスピーカー再生できるようになりました。

また、レシーバーでスピーカーを無線化しても、スピーカー従来の有線接続もそのまま使えます。
なので、我が家はもうなんでもかんでもスピーカーから音を出しています。

これによって、いままで以上にスピーカーの利用頻度が上がりました。

特にいいなぁと思ったのは、映画を自宅で観るとき。
これまでは映画を観るときはテレビのスピーカーから音が出ていたのですが、やっぱり良いスピーカーから音が出るとぜんぜん違う!
超楽しい!ってことで、映画を観る頻度も上がりそうです。

2017年になってBluetoothレシーバ製品もかなり増えた

この記事をはじめに書いたのは2015年2月でしたが、2017年現在、かなりBluetoothレシーバ市場も充実してきましたね。
当時はPTM-BTR1くらいしかまともな選択肢がありませんでしたが、いまはいろんなラインナップが出ています。

無線対応のスピーカーに買い換えるつもりなら、Bluetoothレシーバーをつかっていまのスピーカーを無線化することも検討してみてもいいかも

この製品のポイントは「Bluetooth対応のスピーカーに買い替えなくてもこの機器さえあれば既存の優先スピーカーをBluetooth化させることができる」ということ。

今後スピーカーを買う場合はもともと無線化されたものを買うパターンが多くなっていくかと思いますが、Bluetooth対応スピーカーへの買い替えを検討している方は、まずはレシーバーをつかっていまのスピーカーを無線化させていてはいかがでしょうか。

とてもお手軽にできるし、新品の無線スピーカーに買い替えるのに比べるとコストもほとんど掛かりません。

ちなみに、もし新しいオーディオに買い替えるなら古い機器はオーディオサウンドで売却するのがおすすめ。

オーディオ専門の買い取りなので、一般的な買取業者よりも高い査定額がつくはず。

せっかく売るなら、ちゃんとした査定をしてくれるそのジャンル専門の買取業者が良いです。
大事に使ってきたオーディオが不当に安い値段で買い叩かれるのはショックですからね……。

スピーカーの無線化は、想像以上に音楽生活を変える!
超快適になるので、ぜひ検討してみてください〜。


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. かなり最高なスプーン、ナイフ、フォークを手に入れました!
  2. MacのTime Machineの調子が悪い件。HDDの寿命?
  3. ルクルーゼのフライパンで餃子とステーキを焼いてみたの巻。焦げ付き…
  4. 聴かなくなったCDをディスクユニオンで買取処分しよう![3]査定…
  5. 今年7月に買ったHHKB BTが故障したの巻。PFUに送り返すよ…
  6. iTunesで聴いている音楽をtwitterにシェアできるアプリ…
  7. デロンギのオイルヒータを購入したの巻。空気が乾燥しなくて最高に快…
  8. iPhoneアプリdjay 2でかっこよくDJするコツまとめ

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP