【5/23昼現在あと110記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

脱・まじめの罠。ルールのギリギリまで踏み込む勇気を持とう

じっくり考えたこと
スポンサーリンク

今日書きたいのは「ルールを守ること」それ自体を目的にしてしまうことの恐ろしさについて。

本来ルールというのは、適切な制限を加えることでプレイヤーの創意工夫を促すためのものであるはず。

みんながおびえて「ルールまでの余白」を多くとって活動してる中、ルールのギリギリまで創意工夫で踏み込めるひとはかっこいい。

自分もそうでありたい、という自戒を込めた記事。

ルール遵守にとらわれすぎるとやることが小さくなる

ルールを守ろうという意識自体はとても良いもの。

でもそこをあまりに気にしすぎると、自分のやることが小さくなってしまうもの。

たとえば、「明らかにルールの範囲内なのに、誰もやってないきわどいこと」は誰もやらなくなる。

みんな、ルールの端までの余白を多く取ろうとする。

そして変な探り合いの末、その余白がそのコミュニティでの「ふつう」になってしまう。

これってすごくもったいないことだな、と。

勇気を持ってギリギリまで踏み込めるひとが突き抜けられる

いま思っているのは、そういう状況で「ルールのギリギリまで踏み込めるひと」が強いなということ。

ここのスタンスの持ちようで、その集団の中で自分がどういう存在になるかが、かなり決まってくるんじゃないかな。

そもそも、同じ人間である以上、そこまで能力に差なんて無い。

やるかやらないか、ただそれだけであることって想像以上にたくさんあって。

そのひとつが、この「ルールのギリギリまで踏み込む勇気を持てるか」ということだと思うんです。

まとめ: 無意味な同調圧力に従う必要はない

どうしてみんな、そこまでルールにとらわれてしまうのかというと、それは「場」にはいつも、ある種の同調圧力があるものだから。

ギリギリまで踏み込んでいる誰かを後ろから指さして、「ルール上ではたしかにあそこまでやっていいだろうけど、そこまではやらんでしょ普通」とバカにすることほどかっこ悪いことはない。

この記事では別に「ルールなんてバカらしいから積極的に破っていこうぜ!」というアナーキーなことを言いたいわけではないです。むしろルールはちゃんと守ろう。

まぁ、盲目的にルール遵守至上主義に陥るのもどうかとは思うけど……。

でも、少なくとも、伸びていくひとに「ルール大好き人間」はいない。伸びるのはいつも、良い意味で空気を読まないひと。

ちゃんと自分の頭で考えて、工夫して、勇気を持って踏み込んでいく。

僕は、踏み込む側でありたい。自戒を込めて。

関連記事:ある分野でトップに立ちたかったら、まずは怒られるまでやり込もう。話はそれからだ。 | yawn

お知らせ。