SENSE

自分が嫌と感じるものに向き合う必要はない

「自分がいつのまにか勝手に決めたマイルールから積極的に逸脱していこうキャンペーン」、絶賛継続中です。

自分が嫌と感じるものに無理に向き合う必要はない

これまでって、なんとなく、周りの人が向き合っている問題に流されがちで。

自分自身にそれを背追い込む力はないけれど、みんなが力を合わせて運んでる荷物は手伝わなきゃ!みたいな義務感に刈られることがよくありました。
で、勝手に消耗して、最後はひとりでつぶれる感じ。

これからは「自分の見たいものだけ見る」というスタイルでいいと思う。
それは「無責任」とかそういうではなくて、ここが尊重される状態こそが、成熟した社会の姿なんじゃないかな。

一言で言えば、「自分をしっかりコントロールする」ということなんだと思う。
それが悪いはずがない。

身を滅ぼすほどの無用な罪悪感からは脱却していっていいんじゃないかな。

ひとは本質的に無力ということを受け入れると生きるのがラクになる

ひとは、きっと自分を「何かできるはず」と買いかぶりすぎだ。

実際はなんの役にも立たないことがほとんどだろう。
別に悲観的な意味ではなく、ひとはみな、基本的には本当にそうだと思う。

すごいひとはいるけれど、みんながみんな、はじめからすごくなんてない。
何かのきっかけでテコの原理みたいに力が働いて、その勢いで走り始められるかどうかで。

自分のじぶんの全力を捧げるものがあればそこに打ち込めばいい。
うまく関われないようなら、少し距離を置いたっていい。

それでいいと思う。


このブログと、書いているひとについてはこちら

車中泊の旅など、これまでの旅行記まとめ記事はこちらから。

読んでおもしろかった本まとめはこちらへどうぞ。


関連記事

  1. 調子の良い悪いは交互に来るものなので、悪い時をできるだけ短く浅く…
  2. コスパを追い求めることは「借り物のたのしみ」の中に身をおくこと
  3. 「誰もやったことがないこと」ができるのは「とにかくやってみたひ…
  4. 簡単なことを難しく話すことは簡単で、難しいことを簡単に話すことは…
  5. 体験を通して得た知識にはプリミティブな面白さと喜びがあるという話…
  6. 自分自身を縛り付けるようなマイルールは積極的に破っていこうと思っ…
  7. 「たかが」は自分を客観的な立場に置くためのキーワード
  8. 「ジャンプ」が必要な時、教科書的なスキルは役に立たない

Category

これまでの旅行記 まとめ

travel summery

オーブン料理 チャレンジまとめ

oven challenge summery

パン屋さん巡り 記事まとめ

bread move around summery

山登り 記事まとめ

mountaineering summary

フジロック 記事まとめ

fujirock summery

ブログで紹介したスポット

mymap
PAGE TOP