【12/13夜時点あと86記事追いかけ更新中!

一杯ずつ沸かす熱々のスープ。川越駅近く「まぐろラーメン大門」は五臓六腑に染みるうまさ。

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

「行ったことのない街に行ってみよう!」ということで、電車を乗り継いで相模湖から川越まで来てみた我々。

前回の記事はこちら:相模湖から八王子経由で川越まで電車旅。都まんじゅううまし!

川越に着いたのはちょうどお昼どきだったので、観光する前に駅近くでお昼ご飯を食べていくことにします。

Googleマップで検索の鬼と化したところ、近くにいい感じのラーメン屋があることを発見。

というわけで、さっそく突撃してみることにしました。

大門は川越駅近くのまぐろラーメンのお店。

180203 kofu sagamiko kawagoe 255

川越駅を出てしばらく歩いているとみつかるのが、まぐろラーメン大門。

180203 kofu sagamiko kawagoe 254

いやー、年季の入ったいい暖簾。

よくみると、暖簾を下げている棒が自然の竹!いい感じ!

アッツアツのまぐろラーメンがしみた!

180203 kofu sagamiko kawagoe 256

大門のまぐろラーメンはこちら。美しい……!

スープは醤油ベースで、一口飲んでみるとちょうどいい感じのまぐろ感。

この手のお店ではもっとマグロマグロさせて魚臭いようなお店もあるけど、大門のラーメンは奇跡のバランスです。超美味しい。

ざっくり刻まれたネギの食感、コリコリのメンマ、食べごたえ最高のチャーシュー……死角なしの盤石の布陣。

さらにこの店のかっこいいところは、「常に熱いラーメンを提供する!」というポリシー。

スープは注文を受けてから一杯ずつ沸かすスタイル。

さらにどんぶりとレンゲも事前に温められているという徹底っぷり。プロの仕事!

180203 kofu sagamiko kawagoe 257

ちなみに、ラーメンを注文すると料金据え置きでご飯オプションが行使できます。

ここはありがたく利用させてもらいます。お腹ペコペコだったのでありがたい!

このご飯に、うまみたっぷりのスープに浸った海苔を巻いて食べると極まる……!

まとめ:味だけでなく、心意気込みでしびれるお店。

180203 kofu sagamiko kawagoe 258

お店の外にはこんな看板があって、はじめは「ちょっとビッグマウスでは?」と思っていましたが、まさに有言実行。ぐうの音も出ない。

訪れたときは店内は常連さんで一杯で、次から次へとひっきりなしにお客さんが来ていました。

地元の人に愛されている良いお店にお邪魔できてすごく良かった。

アツアツのラーメンを提供してくれる心意気込みで最高においしかった!超おすすめ!

次の記事はこちら:川越の雰囲気のある街並みをフォトウォークしたの巻。シンボル「時の鐘」まで行ってきた!

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II