【9/20朝時点あと92記事1日3記事ペースで追いかけ更新中。

「みさきまぐろきっぷ」のお食事券で城ヶ島京急ホテルのまぐろ御膳を食べてきたの巻。

おいしいお店とカフェ
スポンサーリンク

京急の「みさきまぐろきっぷ」で行く日帰りショートトリップ。

前回は三崎口駅発のバスから降りて、城ケ島灯台を登って降りてきたところでした。
前回の記事はこちら:「みさきまぐろきっぷ」で行く日帰りショートトリップ 城ヶ島散策編。灯台に登ったよ!

ちょうどお腹が空いた頃に「みさきまぐろきっぷ」のお食事券に対応してるところがあったので、ここでランチを食べていくことにしました。

城ヶ島京急ホテルで「みさきまぐろきっぷ」のお食事券発動!


みさきまぐろ切符はお食事券も付いているので、対応しているお店なら自分の好きなところにふらっと行ってふらっと食べることができます。

とは言えどこのお店も大盛況で、城ヶ島京急ホテルもこの日はいっぱい。
二階にあるちょっとした謎の会議スペース的な部屋で待つことに。

もともと行きたいお店が決まっている場合は、このサイトから混雑状況をみつつ予定を組むと良さそうです。
外部リンク:お店の混雑情報


待っている間はこんな感じで券をもらいました。110番!

まぐろづくしの御膳で大満足!


ちょっと5分くらい待ったら係の人が呼びに来てくれたのでさっそく席へ移動。

お食事券ではいくつかの対象メニューからどれか食べたいやつを選ぶスタイル(だった気がする)。

で、ボケーッと待っていたら運ばれてきたのがこちらの御膳。
無意識に選択したやつっぽいけれど、めっちゃまぐろづくしで最高。


こちらは海鮮丼。

マグロの刺身の上にマグロのねぎとろ的なものが搭載されてマグロ・オン・マグロなやつ。
白米の推進力がハンパじゃない。


こちらはマグロの肉まん的なやつ。

魚臭さがあったらやだな〜とおもっていたけれど、そんなものはじめからなかった。
これがまたがっつりうまい。


小鉢にさえマグロ。
角煮というか佃煮というか時雨煮と言うか、そういうやつです。

何の気なしに口に入れてみたら、次に気がついたときには反射レベルで白米を頬張っていました。
気をつけてください。

城ヶ島京急ホテルをランチに選ぶメリット

城ヶ島京急ホテルは三崎港周辺のお店に比べるとこんなメリットがある気がしました。

  • 中心部から外れているので比較的空いている
  • 三浦半島の本当の南の端っこなので見える景色が雄大

上でも書いたけれど、本当に行きたいお店があれば事前にみっちり計画を立てておくが吉。

でもその一方で、今回の我々のようにふらっと入ったお店でおいしい料理を食べてテンションぶち上げるのでもOK。

ノープランで風の吹くまま気の向くままにごはんを食べるというのは旅の醍醐味かな〜と思いました。

まとめ:たまたまふらっと入ったお店でご飯がおいしいと、旅は最高になる

マグロをお腹いっぱい食べて大満足。

ちなみに、このランチはまぐろきっぷのお食事券利用なので、最後に会計はなし。
そのままするっと出てこれちゃいます。

お金払わずにそのままお店を出ることってふだんあんまりないので、なんだか爽快。
退店のタイミングで食い逃げの脳内設定を組むとウヒーッってなれて良いかもです。

次は城ヶ島散策編の後編です!

次の記事はこちら:城ヶ島から三崎港へ!バスが混んでたら渡し船たのしいのでオススメです。

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II