【10/20昼時点あと86記事追いかけ更新中!

年賀状用に消しゴムはんこを作ってみたら無心になれて超絶おもしろかったの巻。

おだやかな暮らし
スポンサーリンク

ふと気がつけばもう12月。

年賀状は面倒なので、毎年あまり積極的には出していません。

でも毎年ちゃんと送ってきてくれる人はいて。
そういう人たちには手書きで毎年書いています。

で、ぼんやりと「年賀状、今年も手書きで書くか〜」と考えていたら、なんだかハンコ的なものが欲しくなってきました。

というわけで、思い立ったが吉日。
消しゴムハンコにチャレンジしてみることにしました。

年賀状用に消しゴムはんこを作ってみたら超絶おもしろかったの巻。

消しゴムはんこ近所のホームセンターに突撃してひとしきり揃えてきた道具がこちら。
勢いで行動するときっていつだってたのしい。

消しゴムはんこまずは手持ちのノートに、ハンコにしたいイラストを書いてみます。
今回はロケットのモチーフでやってみることに。

消しゴムはんこ何回か書いてみて、消しゴムのサイズにちょうどいいサイズにします。

良い感じのものがかけたら、線を繰り返しなぞって太くします。

消しゴムはんこそしたら消しゴムをギュッと押し込みます。
うまいこと消しゴムに転写されるはず。

このへんをきっちりやりたい人はトレーシングペーパーとか使うと良いかもしれません。

消しゴムはんこそしたら彫刻刀で削っていきましょう。
この「削り出す」作業って無心になってしまって、軽くトリップできるのでおすすめ。

消しゴムはんこ良い感じに彫れたら朱肉を付けて押してみます。

おー!良い感じ!
簡単なモチーフにしたのが幸いしたのか、あっという間にできましたね〜。

まとめ

消しゴムはんこ、実はちょっと前からやってみようかなと思いつつも手が出せてこなかったもの。
ついに勢いで手が出せて嬉しいです。なんでもやってみるものですね〜。

そして実は、なんだか無心になって消しゴムを彫刻刀で削っているうちに、いろいろぼんやりと考えていたことがひとつにまとまってきました。
それについては次の記事で書いてみようと思います。

それにしても消しゴムはんこ、集中できてたのしいなー。
もっと器用なのが彫れるようになりたい。

ひとまず今年の年賀状はこれをバシバシ押すぞ〜!

次の記事はこちら:引き算の創造は「それはもう目の前に在って、あとは削り出すだけ」からスタートする

お知らせ。

#旅 #書評 #ときめくモノ #キャンプ #ベランダ菜園 #iPad #α7II