時報用のiPhoneアプリ「Cuckoo」が使いやすくて良い

お気に入りのサービス

このごろ、いつのまにか時間が過ぎ去っている日が多くなってきています。
どうにも物事に集中しすぎているか、なんなのかよくわからないけれど、時間が経つのがあっという間。

そういうわけで、自分で確保している時間をもう少し体感的に把握して工夫が必要な予感。

そこで目をつけたのが「時報アプリ」。
時報を鳴らすようにすることで、いつのまにか過ぎ去ろうとする時間をいつも捕まえておきたい、というわけですね。

てなわけで、いろんな時報アプリを試してみること数日間、ようやく良い感じのアプリが見つかったので絶賛使用中です。

スポンサーリンク

時報用のiPhoneアプリ「Cuckoo」が使いやすくて良い

時報アプリCuckooが使いやすくて便利いま使っているのはCuckoo クックー(鳩時計)ってアプリ。

このアプリのいいところは、GUI上で簡単に時報を鳴らす時刻を設定できるところ。
タップしていけば簡単に30分きざみの中から鳴らしたい時刻を選択できるので超良い。

ぼくは試行錯誤の末、日中の起きている間は常に30分ごとに時報が鳴るように設定しました。

それぞれの時刻で時報が鳴る回数も指定できるし、けっこうかゆいところにも手が届く作りになっていて完成度高いです。

あとは、アプリを落としていてもバックグラウンドでちゃんと動作するのが良い。

昼間はマナーモードにしてポケットに入れているんだけど、30分ごとにブルっとするので、ひとしれずリマインダー的に時間の流れを把握できるようになりました。

時報の頻度に関しては、最初は「30分ごとに通知が鳴るのはけっこうしつこくてうんざりしそう」と思っていたんですが、意外と30分ごとくらいがちょうど良い。
特に集中力が乱されることもなく快適です。

漠然としていた時間の粒度を小さく分割する「きっかけ」をくれる

時報アプリを生活に取り入れるメリットは、漠然とした塊の時間をこまかく分割できる「きっかけ」をつかみやすくなるところ。
これにより、時間を30分単位で細かく分割してとらえることができています。

時報アプリ無しで漠然と時間を使っちゃっている場合、いつの間にか時間が何時間も過ぎ去っていることがあります。
でも、時報が鳴るとそのタイミングで「作業している今の自分」を俯瞰できる。

そうすると「本当にいまのこの時間にこの作業をすべきなの?」と自問自答することができます。
つまり、いい感じに方向転換のきっかけを得ることができるということですね。

もちろん、あくまで「きっかけ」なので、集中しているタスクがあればそのままそのタスクを継続すればいい。

そういうわけで、いまのところ、なかなかいい距離感で使えている感じがします。

時報が鳴ったらその瞬間に「次の時報までにどこまでなにをやるか」を考える

時報アプリの導入により、時間の分解能が上がるというか、知らず知らずのうちに湯水のように時間を使ってしまっているということが防げています。

しばらく運用してみて気がついたコツとしては、時報をただの時間の区切りとして使うのではなく、ものすごく小さなレビュータイムと考えること。

時報がなった時に「もう○○時か」と思っただけで終わるのと、「次の時報までにこれをあれを終わらせよう」と考えることで、時間の密度が全然違って来ます。

この「小さなレビュータイム」を設けることはけっこう自分に合っている気がします。

時報が鳴ったその瞬間、たぶん実時間にして5秒もかかっていないけれど、その一瞬に次の1時間とか30分間の過ごし方をざっと考える。

「その時間までに終わらせるぞ!」というようなゲーム性を感じるように自分をコントロールしていくと良い感じです。

そのへんが、時間を間延びさせずにつかえている良い要因なのではないかな。

疲れる前に休憩できるようになった

あとひとつ良いなと思ったのは、「いまこの瞬間の自分をレビューする」ことができるので、結果的に疲れる前に休憩できるようになったことも大きいです。

Apple Watchとかだとスタンドっていう機能で1時間ごとに少し歩いたりするよう促して来るみたいですが、まさにあんな感じ。

時報がなったタイミングでちょっと机から立って歩いてみたり、ストレッチしてみたり。

疲れる前に休憩すると、同じ時間作業していても疲れのたまり方が段違いなのでこれはおすすめ。

もちろん歩きながら「次の時報までになにを片付けるか」を考えるのもかなり相性がいいと思います。

まとめ

これまではおおざっぱに「午前」「午後(15時くらいまで)」「夕方」「帰宅後」って感じで、一日全体をのっぺりとした流れでとらえていたんだけど、そこに時報によってくさびが打たれる感じ。

時報がなると、集中力が乱されるとかいろいろな弊害があるのかもしれないかなと懸念していましたが、今のところメリットしかない感じです。

いつのまにか3時間たっていたとかいう怪現象が収まるので、時空が歪んでしまっている人にはなかなかにおすすめです。

お知らせ。